北野天満宮 京都市上京区 の御朱印です。

image

【鎮座地】 京都市上京区御前通今出川上る馬喰町

【祭神】 菅原道真公

【概略】
 延喜3年(903年)、菅原道真が無実の罪で配流された大宰府で没した後、都では落雷などの災害が相次いだ。これが道真の祟りだとする噂が広まり、御霊信仰と結びついて恐れられ、没後20年目、朝廷は道真の左遷を撤回して官位を復し、正二位を贈った。
 天暦元年6月9日(947年)、現在地の北野の地に朝廷によって道真を祀る社殿が造営された。
 永延元年(987年)に初めて勅祭が行われ、一条天皇から「北野天満宮天神」の称が贈られた。正暦4年(993年)には正一位・右大臣・太政大臣が追贈された。

 通称として天神さん・北野さんとも呼ばれる。学問の神として多くの受験生らの信仰を集めている。

 市バスを利用しました。
 御朱印は社務所にていただきました。オリジナル御朱印帳はないですかと問い合わせましたが、残念ながら無いとのことでした。