京都市東山区の豊国神社の御朱印です。

image

【鎮座地】
 京都市東山区大和大路正面茶屋町530

【祭神】
 豊臣秀吉公

【概略】
 慶長4年(1599年)、東山三十六峰のひとつ阿弥陀ヶ峯に、秀吉を「豊国大明神」として祀るが、豊臣氏が滅亡後に徳川幕府の命により廃祀された。
 明治元年(1868年)明治天皇が豊国神社再興を命、明治6年(1873年)には、別格官幣社に列し、同13年(1880年)、方広寺大仏殿跡地に社殿が完成し、名実ともに復興された。

 三十三間堂から徒歩で行きました。
 御朱印は授与所にていただきました。
 前に行った時、受付の巫女さんがとても美人だったのですが、今回はいませんでした。
 オリジナル御朱印がありましたので購入しました。

image