東向観音寺 京都市上京区

スポンサードリンク


東向観音寺 洛陽三十一番 京都市上京区の御朱印です。

42bfed85.jpg

【名称】 
 朝日山東向観音寺 真言宗泉涌寺派 準別格本山 本尊;十一面観世音菩薩
  洛陽三十三観音第三十一番札所

【所在地】
 京都市上京区今小路通御前通西入上る観音寺門前町863

【概略】
 806年(延暦25年)大納言藤原小黒麿及び賢璟法師が桓武天皇の勅により創建し、当初は朝日寺といった。  
 947年菅公(菅原道真)廟をこの地に移し、本尊十一面観音は菅公自作の尊像を961年筑紫観世音寺より招来したもの。
 西向及び東向の二堂あったが、西向堂は既に廃絶し、東向の堂が残るのみ。

 北野天満宮から徒歩で行きました。
 御朱印は納経所にていただきました。

 とても親切に対応して下さり、洛陽三十三観音巡礼を始めることに。こちらで専用納経帳を購入しました。

スポンサードリンク