元慶寺 西国番外 京都市山科区

スポンサードリンク


元慶寺 西国番外 京都市山科区 の御朱印です。

3f873198.jpg

【名称】 華頂山 元慶寺 別名 花山寺  天台宗  本尊 薬師瑠璃光如来
            西国三十三観音番外札所 

【場所】 京都市山科区北花山河原町13

【概略】
藤原高子の発願により建立。僧正遍昭を開基とし、元慶元年(877年)に建立された。現在の伽藍は安永年間(1772年-1781年)の再建と伝わる。西国三十三所霊場の番外札所。本尊は薬師瑠璃光如来。
寛和2年(986年)、花山天皇がこの寺で藤原兼家、道兼父子の策略により出家させられ、兼家の外孫である懐仁親王(一条天皇)が帝位についた(寛和の変)。花山法皇の宸影を安置する寺で花山寺とも呼ばれ、大鏡では花山寺と記述されている。

車で行きましたが駐車場までの道が狭く大きい車だと擦る危険性があります。
御朱印は納経所にていただきました。

スポンサードリンク