清水寺 大阪市天王寺区 新西国客番 の御朱印です。

90432d5d.jpg

近畿三十六不動第二番の御朱印です。

1976513e.jpg

【名称】 有栖山 清水寺  和宗  本尊:十一面千手観世音菩薩
      新西国三十三箇所客番  近畿三十六不動第二番

【場所】 大阪府大阪市天王寺区伶人町5-8

【概略】
 創建の時期や事情については不詳。もとは有栖寺と称していた。
 寛永17年(1640年)に延海阿闍梨により中興された。延海は観世音菩薩の御告げを受けて、京都の清水寺を模した舞台造の本堂を建立し、本尊として京都の清水寺から迎えた千手観音像(聖徳太子作の伝承をもつ)を安置した。当寺の境内は北・西・南の三方が崖になっており、往時は大坂の街や大阪湾を見渡す眺望の地であった。

 四天王寺から徒歩で行きました。裏手のお墓を抜けて階段を降りると納経所があります。 

7a1d0177.jpg