誓願寺 京都市中京区

スポンサードリンク


誓願寺 京都市中京区 の御朱印とオリジナル御朱印帳です。

洛陽三十三観音第二番の御朱印です。

image

新西国霊場十五番の御朱印です。

image

法然上人二十五霊場第二十番の御朱印です。

image

京洛六阿弥陀霊場第六番の御朱印です。

image

西山國師十六霊場第九番の御朱印です。

image

【名称】 誓願寺 浄土宗西山深草派総本山 本尊:阿弥陀如来
     洛陽三十三観音第二番 新西国霊場十五番 法然上人二十五霊場第二十番
     京洛六阿弥陀霊場第六番 西山國師十六霊場第九番

【場所】 京都市中京区新京極通三条下ル桜之町453番地

【概略】
 天智天皇6年(667年)、天皇の勅願により奈良に創建。平安遷都後、西山上人証空の弟子円空(1213年-1284年)が京都の深草に寺を建て布教したのが始まり。
 扇の塚のある寺として芸能関係にはよく知られた寺で、説教から発達した講談、落語、漫才などの芸人の成就を祈願する寺として知られている。また、落語発祥の寺とも言われている。

 新京極通りを三条に上がって行くとあります。
 御朱印は本堂内の納経所でいただきました。専用納経帳の品ぞろえが豊富で「西山上人十六霊場」の納経帳はここで初めて見ました。

 オリジナル御朱印帳を購入しました。和泉式部の絵柄です。

image

 西山國師十六霊場の専用納経帳です。ほとんど巡礼している人がいないとの事で、値段も破格の300円でした。

image

スポンサードリンク