花山院菩提寺 西国番外 兵庫県三田市

スポンサードリンク


花山院菩提寺 西国番外 兵庫県三田市 の御朱印です。

image

西国四十九薬師霊場第21番の御朱印です。
image

【名称】 東光山花山院菩提寺 真言宗花山院派本山 本尊:薬師瑠璃如来
      西国三十三観音番外札所 西国四十九薬師第21番札所 

【場所】 兵庫県三田市尼寺352

【概略】
 651年、天竺から渡ってきた法道仙人により開かれる。後に西国三十三観音の中興の祖である花山院がこの地で仏道修業し、遺詔により花山院御廟所に眠る。それゆえに西国三十三観音を巡礼する人々が参るようになり番外札所となった。

 花山天皇は19才で即位し在位2年21歳で出家した。その後22年存命。藤原伊周・隆家の失脚事件(長徳の変)にも関わるなどエピソードは多い。(藤原隆家は太宰権帥に左遷されたが刀伊の入寇のおり奮戦、撃退する。)

 専用道路を上がったところに駐車場があります。(利用料500円)
 御朱印は納経所にていただきました。西国巡礼グッズが各種揃っています。
 
image

スポンサードリンク