青龍寺 洛陽九番 京都市東山区 の御朱印です。

image

【名称】 見性山青龍寺 浄土宗  本尊:聖観音菩薩
      洛陽三十三観音第九番

【場所】 京都市東山区河原町通八坂鳥居前下ル南町411

【概略】
 桓武天皇の勅命によって長岡京近郊に創建され、平安遷都により現在地に移された。昔から「伽羅(きゃら)観音」の通称で広く信仰を集めてきた本尊の聖観音は、本堂正面に安置されており、身の丈約1メートル、細身の優雅な立ち姿である。寺伝によると、唐の徳宗皇帝から献上された伽羅木を、桓武天皇が伝教大師(最澄)に命じて彫刻された。

 高台寺の山門前にあります。門が閉まっていて入りづらいですが木戸を開けて入れます。ブザーを押して玄関のところで御朱印をいただきました。