鶴林寺 新西国二十七番 兵庫県加古川市 の御朱印です。

image

聖徳太子霊跡の御朱印です。
image

西国四十九薬師霊場の御朱印です。
image

【名称】 刀田山鶴林寺  天台宗  本尊:薬師如来
      新西国三十三箇所27番 西国薬師四十九霊場22番 聖徳太子霊跡27番 播州薬師霊場9番
      関西花の寺二十五霊場9番

【場所】 兵庫県加古川市加古川町北在家424

【概略】
 589年、聖徳太子が16才の時、秦河勝に命じ仏教をひろめるための道場として建てられた。釈迦三尊と四天王を祀り「四天王寺聖霊院」と称されたのがこの寺のはじまりといわれ、播磨の法隆寺とも呼ばれている。
 平安時代の壁画が見つかった兵庫県下最古の木造建築物、国宝「太子堂」や、泥棒が盗み出し壊そうとしたら「アイタタ」という声が聞こえてきたため、改心したと伝えられている「金銅聖観音立像」など、多くの仏教美術が残されている。

 黒田官兵衛とのタイアップで観光宣伝していました。併設の資料館は見ごたえがあります。
 境内前の駐車場にを利用しました。
 御朱印は本堂の納経所にていただきました。

image