大阪天満宮・露天神社・堀川戎神社の御朱印 大阪市北区

スポンサードリンク





このページでは大阪市北区の大阪天満宮、露天神社、堀川戎神社の御朱印をご紹介しています。

大阪天満宮 大阪市北区

大阪天満宮の御朱印

image

【概略】

昌泰4年(901)菅原道真が太宰府へ左遷される途中、現在の天満宮の境内にある大将軍社に立ち寄って参拝した。道真の死後、そこに光り輝く松が生えたという話を村上天皇が聞いたため、大将軍社へ道真を祀ったのが始まりとされる。現在の社殿は大塩平八郎の乱による天保8年(1837年)の大火で全焼した後に再建されたもの。

地下鉄谷町線南森町駅から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

菅原道真公

【鎮座地】

大阪府大阪市北区天神橋二丁目1番8号

スポンサードリンク

露天神社 大阪市北区

露天神社(つゆのてんじんしゃ)の御朱印

image

【概略】

通称「お初天神」。創建は西暦700年頃とされ、もともとは「住吉住地曾根神」と祀っていたとされる。昌泰4年(910に菅原道真が太宰府へ左遷配流される途中、当社に立ち寄って「露と散る 涙に袖は 朽ちにけり 都のことを 思い出ずれば」という歌を詠んだことにちなんで、「露天神社」と称するようになったと伝えられている。通称の「お初天神」は、当社「天神の森」が近松門左衛門の「曽根崎心中」の舞台となり、その登場人物である堂島新地天満屋の遊女「お初」に因んで呼ばれるようになった。

地下鉄谷町線東梅田駅から徒歩で行きました。境内は繁華街に取り込まれていますが、多くの人で賑わっています。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

大己貴大神、少彦名大神、天照皇大神、豊受姫大神、菅原道真

【鎮座地】

大阪府大阪市北区曽根崎2-5-4

スポンサードリンク

堀川戎神社 大阪市北区

堀川戎神社の御朱印

image

【概略】

「堀川のえべっさん」として知られ商売繁盛の神様として知られている。毎年1月9日から11日にかけて十日戎(とおかえびす)が開催される。歴史は古く、欽明天皇の時代、止美連吉雄が蛭子大神の神託により堀江で玉を得、それを神体として富島に蛭子大神を祀ったのに始まる。

地下鉄谷町線南森町駅から徒歩で行きました。御朱印は授与所にて書置きをいただきました。

【祭神】

蛭児大神(蛭子大神)、少彦名命、天太玉命

【鎮座地】

大阪府大阪市北区西天満5丁目4-17

スポンサードリンク

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。