菅大臣神社・繁昌神社の御朱印 京都市下京区

スポンサードリンク





このページでは京都市下京区の菅大臣神社・繁昌神社の御朱印をご紹介しています。

菅大臣神社 京都市下京区

菅大臣神社の御朱印

image

【菅大臣神社概略】

菅原道真の旧宅跡にあり、道真以前から菅原家の邸宅地であった。道真が幼少のころ研学したところといい、それに因んで社殿を造営したのが起こり。

繁昌神社から徒歩で行きました。地下鉄四条駅から近いです。御朱印は隣の駐車場の脇が社務所になっておりそこに伺い社殿にていただきました。京洛八社集印巡りの一社。

【祭神】

菅原道真公

【鎮座地】

京都市下京区西洞院仏光寺新町西入菅大臣町

繁昌神社  京都市下京区

繁昌神社の御朱印

image

【繁昌神社概略】

藤原繁成の邸宅の庭にあった功徳池に、延喜年間(901年-922年)、安芸国の宮島から市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫命の三神を功徳池の中島に勧請したのが繁昌神社の起源。旧称は班女神社。繁昌の宮、京の弁財天、班女ノ社とも言われた。全国で唯一の商売繁昌についての神社であり、その他には家内安全、諸芸成就、良縁成就のご利益があるとされる。

地下鉄四条駅の近くで、朝、宿泊先のホテルから歩いて行きました。御朱印は張り紙に従って隣のお店に行くといただけました。

【祭神】

市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫命鎮座

【鎮座地】

京都市下京区高辻通室町西入ル繁昌町308

スポンサードリンク

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。