富岡八幡宮 横浜市金沢区




富岡八幡宮 横浜市金沢区 の御朱印です。

image

【鎮座地】 横浜市金沢区富岡東四丁目5-41

【祭神】 八幡大神、蛭子神、天照皇大神

【概略】
 建久年間(1190年~1199年)源頼朝が摂津国難波の蛭子神(恵比寿神。西宮神社の末社のものと言われる。)を勧請して創建、安貞年間(1227年~1229年)に八幡神が合祀されたという。八幡宮の山が応長の大津波から富岡地区を守ったことから「波除八幡」の別名を持つ。なお、東京深川の富岡八幡宮はこちらの分社。

 公園の脇を抜け狭い道を走ると専用駐車場があり、その上に境内があります。
 御朱印は授与所にていただきました。

image
スポンサードリンク

スポンサードリンク






ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。