蓮華王院三十三間堂 京都市東山区

スポンサードリンク


蓮華王院三十三間堂 京都市東山区の御朱印と御朱印帳です。

40adee64.jpg

【名称】 蓮華王院本堂(通称:三十三間堂) 妙法院の一部

      天台宗 本尊:千手観音 洛陽三十三観音第17番

【所在地】 京都市東山区三十三間堂廻町657

【概略】
 
 京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。
 元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂で、本尊は千手観音。堂内中央にこの丈六坐像の本尊をまつり、左右の内陣にはそれぞれ十段の階段に50体ずつの千手観音立像、計千体が並ぶ。

 上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成した。
 

 江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。

  市バス博物館三十三間堂前で下車しました。
 本堂内に納経所があります。
 オリジナル御朱印帳を購入しました。

a3da302d.jpg

スポンサードリンク