観音正寺 西国三十二番 滋賀県近江八幡市




観音正寺 西国三十二番 滋賀県近江八幡市 の御朱印です。

【名称】 繖山 観音正寺 天台宗   西国三十三観音第三十二番

【場所】 滋賀県近江八幡市安土町石寺2

【概略】
伝承によれば、推古天皇13年(605年)、聖徳太子がこの地を訪れ、自刻の千手観音を祀ったのに始まるという。
観音正寺が位置する繖山には、室町時代以来近江国南半部を支配した佐々木六角氏の居城である観音寺城があり、寺は佐々木六角氏の庇護を得て栄えた。

平成5年の火災で本尊が焼失したが、平成16年に再建、その際に使用した白檀はインドで輸出禁制品のため、輸入の許可を何度もお願いに行ったそうです。

有料(500円)の専用道路が非常に狭く、対向車とのすれ違いが大変でした。
御朱印は納経所にていただきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。