四天王寺・四天王寺庚申堂の御朱印 大阪市天王寺区

スポンサードリンク


このページでは大阪市天王寺区の四天王寺、四天王寺庚申堂の御朱印をご紹介しています。

四天王寺 大阪市天王寺区

四天王寺の御朱印

b15a9c1c.jpg

新西国霊場第一番の御朱印

0281a511.jpg

河内飛鳥古寺霊場第一番の御朱印

bd0cb7d2.jpg

近畿三十六不動一番の御朱印

637202dc.jpg

聖徳太子御遺跡霊場第一番 の御朱印

ecbc76b1.jpg

西国薬師四十九霊場第十六番の御朱印

b8d1bfbc.jpg

おおさか十三佛霊場第四番の御朱印

235d94b9.jpg

法然上人二十五霊場第六番の御朱印

63f4e7f7.jpg

西山国師遺跡霊場番外の御朱印

1f28c9a1.jpg

 役行者集院巡りの御朱印

image

【概略】

四天王寺は蘇我馬子の法興寺(飛鳥寺)と並び日本における本格的な仏教寺院としては最古のもの。聖徳太子の草創を伝える寺は近畿地方一円に多数あるが、実際に太子が創建に関わったと考えられるのはこの四天王寺と法隆寺のみ。


宗派は天台宗に属していた時期もあったが、元来は特定宗派に偏しない八宗兼学の寺であった。日本仏教の祖とされる「聖徳太子建立の寺」であり、既存の仏教の諸宗派にはこだわらない全仏教的な立場から、1946年に和宗総本山として独立している。

大阪市営地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅 から徒歩で行きました。御朱印は納経所にていただきました。こちらの納経所には各霊場の専用納経帳が置いてあります。

【名称】

荒陵山 四天王寺 和宗総本山 本尊:救世観世音菩薩

新西国霊場第一番、河内飛鳥古寺霊場第一番、近畿三十六不動第一番、聖徳太子御遺跡霊場第一番、西国薬師四十九霊場第十六番、おおさか十三佛霊場第四番、法然上人二十五霊場第六番、西山国師遺跡霊場番外

【所在地】

大阪市天王寺区四天王寺1-11-18

 四天王寺庚申堂 大阪市天王寺区

 四天王寺庚申堂の御朱印

054d631a.jpg

【概略】

四天王寺・庚申堂は大宝元年(701)正月庚申の日に、毫範という僧侶の前に青面金剛童子が現れ庚申の法を伝授したと伝えられる。現在、60日に一度巡ってくる庚申の日には、境内にコンニャクの店が出ている。庚申のコンニャクを北向きで食べると頭痛が治るとの言い伝えがあり、大勢の参拝者で賑わう。

四天王寺の南門から南へ300mほど行くとあります。四天王寺は施設や広さは立派ですがあまり人間味を感じません。こちらは庶民信仰に支えられた「生きたお寺」という雰囲気です。本堂内の納経所にて御朱印をいただきました。

【名称】

総本山四天王寺庚申堂

【場所】

大阪府大阪市天王寺区堀越町2-15

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

御朱印は2012年から始めました。50代のおじさんですが、wordpressに挑戦したり、糖質制限ダイエットをしたりと、気持ちも容姿も10歳若く見られるために日々努力しています。ブログを移管した関係で、過去記事の修正作業中です。記事数が多いので時間はかかると思いますが綺麗なブログに変身させますのでお楽しみに。