法然上人二十五霊場




このページでは法然上人二十五霊場の専用納経帳と御朱印を紹介しています。

法然上人二十五霊場の専用納経帳です。
25815348.jpg

法然上人二十五霊場は、浄土宗の開祖である法然ゆかりの寺院二十五箇所を巡る霊場巡拝。
円光大師二十五霊場とも言い、宝暦年中(1751~63)のころ、大阪・難波の順阿、京都・洛西の廊誉という2人の僧の発起によって、法然と御縁の深い霊場二十五ケ所を巡拝したことに始まるといわれ、大正13年(1924年)に史実、や記伝などに徴して若干の寺院の更改が行われたが、昭和34年(1959年)3月法然上人750回忌を迎えるに際して、『元祖法然上人霊蹟巡拝の栞』が刊行され遺跡を紹介しているが、宝暦年中のものを踏襲している。1974年に浄土宗開宗800年を記念し、再興された。また、当霊場は浄土宗の寺院を中心にした巡拝であるが、法然の御霊跡を巡る霊場であるので真言宗や天台宗などの寺院も含まれている。
札所は中国・四国地方から近畿地方に渡る。また、二十五箇所の霊場を巡拝するのは、法然上人御入寂の御命日である一月二十五日や、念仏来迎の聖衆の二十五菩薩の数に因むとの説である。

 

納経帳は第六番四天王寺にて購入しました。

これまでにいただいた御朱印です。

 

第3番 十輪寺

第6番 四天王寺阿弥陀堂

第7番 一心寺

第13番 清水寺阿弥陀堂

第20番 誓願寺

第23番 清浄華院

第24番 金戒光明寺

縁故本山 永観堂禅林寺

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。