清水寺・地主神社の御朱印 京都市東山区

スポンサードリンク





このページでは京都市東山区の清水寺、地主神社の御朱印をご紹介しています。

清水寺 京都市東山区

清水寺 西国十六番 の御朱印

fd1180f8.jpg

清水寺阿弥陀堂 法然上人二十五霊場第十三番の御朱印

69c0c3dd.jpg

清水寺善光寺堂 洛陽三十三観音第十番の御朱印

a2ddc7fc.jpg

清水寺奥の院 洛陽三十三観音第十一番の御朱印

15804f60.jpg

清水寺本堂 洛陽三十三観音第十二番の御朱印

b9eecfe3.jpg

清水寺朝倉堂 洛陽三十三観音第十三番の御朱印

8bdf0e80.jpg

清水寺泰産堂 洛陽三十三観音第十四番の御朱印

087ec066.jpg

【概略】

奈良時代の末778年延鎮上人が開山。798年に坂上田村麻呂が仏殿(本堂)を寄進建立し、御本尊十一面千手観音を安置した。現在の堂塔は徳川家光による再建。清水の舞台で知られる本堂は国宝に指定されている。

建仁寺駐車場に車を停めてから徒歩で行きました。朝早く行ったのでスムースに拝観できました。本堂の奥に授与所があり御朱印はそこでいただきました。洛陽の御朱印は特に表示がありませんが、リクエストすると書いていただけます。

【名称】

音羽山 清水寺 北法相宗大本山  本尊:千手観世音菩薩

西国三十三観音第十番 法然上人二十五霊場第十二番 洛陽三十三観音第十番から第十四番

【所在地】

京都府京都市東山区清水1-294

スポンサードリンク

地主神社 京都市東山区

地主神社の御朱印

image

【概略】

清水寺の「清水の舞台」を出て直ぐ左手にある神社。江戸時代までは清水寺の鎮守社であった。大国主を主祭神とし、縁結びの神さまとして若い女性やカップルに人気のスポット。創建は不詳で神代の時代とされ京都で最も古い神社の一つ。

御朱印はお守り等を売っている授与所にてお願いしました。お守りなどを買う人で凄い人の数でしたが何とかいただけました。

【祭神】

大国主命 素戔嗚命 奇稲田姫命 足摩乳命 手摩乳命

【鎮座地】

京都市東山区清水一丁目

スポンサードリンク

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。