金戒光明寺・真如堂・大蓮寺の御朱印 京都市左京区

スポンサードリンク





このページでは京都市左京区の金戒光明寺、真如堂(真正極楽寺)・大蓮寺の御朱印をご紹介しています。

金戒光明寺 京都市左京区

御本尊阿弥陀如来の御朱印

image

洛陽三十三観音第六番 の御朱印

image

法然上人第二十四番の御朱印

image

日本三大文殊のひとつ 中山文殊の御朱印

image

五劫思惟阿弥陀仏の御朱印

大政奉還150年記念御朱印

【金戒光明寺概略】

浄土宗の大本山、承安5年法然上人が比叡山の黒谷を下り、草庵を結ばれたのが浄土宗最初の寺院 のはじまり。西山連峰、黒谷の西2キロの京都御所、西10キロの小倉山を眺み山門、阿弥陀堂、本堂 など18もの塔頭寺院が建ち並ぶ。法然が最初に浄土宗を布教を行った地であることに因み、後小松天皇から「浄土真宗最初門」の勅額を賜った。
また幕末には、京都守護職会津藩一千名の本陣にもなった。

前回は祇園からバスで行きましたが、2回目は真如堂から歩いて行きました。すぐ裏です。御朱印は本堂内の納経所にていただきました。京都守護職松平容保の本陣は本堂のとなりです。

【オリジナル御朱印帳】

【名称】

紫雲山金戒光明寺 通称:黒谷さん  浄土宗  本尊:阿弥陀如来
洛陽三十三観音第六番札所  法然上人二十五霊跡第二十四番札所

【所在地】

京都府京都市左京区黒谷町121

スポンサードリンク

真如堂(真正極楽寺) 京都市左京区

真如堂の御朱印

洛陽三十三所観音霊場五番 新長谷寺の御朱印

【真如堂概略】

京都市左京区のある天台宗の寺院。金戒光明寺のとなりに位置する。紅葉の名所としても知られる。永観2年(984年)に比叡山の僧である戒算が夢告により、比叡山常行堂の本尊阿弥陀如来を設置したのが始まり。正暦3年(992年)に一条天皇の勅許を得て本堂が創建された。応仁の乱などの兵火で堂塔は焼失し、その後に市内を転々とした後、元禄6年(1693年)、現在の場所に再建された。三井家の菩提寺で三井高利ら三井一族の墓石がある。

金戒光明寺を出て山門を降りずに右側へ歩いて行くとすぐにこちらへ到着します。紅葉や桜のシーズンではなかったので落ち着いた雰囲気で参詣できました。御朱印は本堂内の納経所にていただきました。

洛陽三十三観音霊場の札所 新長谷寺は境内にあります。

【名称】

鈴聲山真正極楽寺(通称:真如堂) 天台宗 本尊: 阿弥陀如来

洛陽三十三所観音霊場五番(新長谷寺)

【所在地】

京都府京都市左京区浄土寺真如町82

スポンサードリンク

大蓮寺 京都市左京区

御本尊 安産阿弥陀如来の御朱印

祇園社本地仏 薬師如来の御朱印

洛陽三十三観音霊場第八番の御朱印

御詠歌

オリジナル御朱印帳

【大蓮寺概略】

創建は慶長5年(1600年)。後光明天皇の夫人の安産祈願の勅命が下り、甲斐あって無事に皇女を出産されっため、以降「安産祈願の寺」として知られるようになったという。明治初年の神仏分離に伴い廃寺となった祇園社(現在の八坂神社)観慶寺から薬師如来像などの仏像がこの寺に移されている。御朱印や御朱印帳に描かれているお坊さんは、「走り坊主」の通称で京都名物として知られた明治から大正にかけての18世住職の籏玄教。

洛陽三十三観音の札所なので参詣しました。平安神宮や聖護院から南に下ったところにあり歩いて行きました。

京都らしい雰囲気のこじんまりとしたお寺です。お寺の名前にちなんででしょうか蓮がたくさん育てられています。

御朱印は納経所で4種類いただきました。オリジナル御朱印帳ありましたので購入しましたが、あまり質的に良いものではないので無理して買うまでもないかもしれません。

【名称】

引接山極楽院大蓮寺 浄土宗 本尊:阿弥陀如来

洛陽三十三観音霊場第八番

【所在地】

京都市左京区東山二条西入1筋目下ル正往寺町457

スポンサードリンク

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。