秩父三十四観音霊場の御朱印




目次

秩父三十四観音霊場とは

文暦元年(1234年)開創。鎌倉・室町時代を経て江戸時代に入ると江戸庶民の観音信仰巡礼の聖地として大きに賑わったという。美しい自然の風光を背景にした一巡約100km程の旅程で東京から日帰り圏ということでとてもまわりやすい霊場。西国三十三ヶ所、坂東三十三ヶ所とともに日本百番観音に数えられている。

そんなに広い範囲でもないので車があれば3~4日で結願可能です。私は東京から車で何度か通って巡礼しました。34番札所近くの「満願の湯」はすいていて良い日帰り温泉です。また寄居IC近くのお菓子店「フォレスト」のラスクとバームクーヘンのアウトレット品は安くて美味しいのでお土産に良いと思います。

専用納経帳は銚子の満願寺で前もって買っておきました。納経帳は札所のうち大きいお寺で売っています。

秩父・長瀞の観光スポット~~楽天たびノート

専用納経帳

四萬部寺 埼玉県秩父市

四萬部寺 秩父三十四観音第一番の御朱印

 

【四萬部寺概略】

札所一番の古刹。美しい朱色の観音堂は元禄時代の造営。性空上人の弟子幻通が4万部の仏典を読経して、経塚を築いたことに由来。本堂正面欄間の地獄極楽の彫刻は必見。

境内下に駐車場があります。御朱印は納経所にていただきました。札所一番だけあって巡礼用品が各種取り揃っています。こちらで秩父三十四観音の専用納経帳を購入しました。

【名称】

誦経山四萬部寺 曹洞宗 本尊:聖観世音菩薩

秩父三十四観音霊場第1番

【所在地】

埼玉県秩父市栃谷41

 真福寺 埼玉県秩父市

 真福寺 秩父三十四観音の御朱印

 

【真福寺概要】

長享(1487~1489)の頃、水害を受け三十三ヶ所からはずされていたが、信者からの復活要望が強く、間もなく三十四ヶ所の札所になり、現在「古堂」と呼ぱれるところに奉祀されていた。江戸初期に現在地に移って相当な規模を構えていた。万延元年(1860年)の焼失し、現在の観音堂は、明治41年(1908年)に再建されたもの。

道が狭くすれ違うのが難しいくらいですが運良くスムースに行けました。納経所の光明寺へ向かう道が山の裏側なので対向車が来る確率は低いかもしれません。登ったところに広い駐車場があります。

【名称】

大棚山 真福寺 曹洞宗 本尊:聖観世音菩薩

秩父三十四観音霊場第2番

【所在地】

埼玉県秩父市山田3095

スポンサードリンク

光明寺(真福寺納経所) 埼玉県秩父市

光明寺の御朱印

 

【光明寺概略】

桓武平氏の始祖となった高望王の弟君である恒望王が大同二年(八〇七年)当地で逝去した邸跡に、王の冥福を祈った祈願所の光明庵から始まり、もとは西新木向殿(恒持神社の南側)にあった。秩父谷随一の格式を持った寺で、末寺に真福寺(札所二番)、常泉寺(札所三番)、金昌寺(札所四番)、福蔵寺、秀林寺の五寺があった。寺は、南面して武甲山と相対しているので、山号を向嶽山と呼んでいる。

札所二番の真福寺の納経所で御朱印は一緒にいただきました。境内の前に広めの駐車場があります。とて綺麗で立派なお寺です。

【名称】

向嶽山 光明寺 曹洞宗

【場所】

埼玉県秩父市山田2191

スポンサードリンク

常泉寺 埼玉県秩父市

常泉寺 秩父三十四観音第三番の御朱印

 

【常泉寺概略】

現在の観音堂は、秩父神社境内にあった蔵福寺の薬師堂を譲り受け移築されたもの。向拝の意匠などの建築彫刻が楽しめる。子宝に恵まれるという寺宝の子持石も安置されている。

御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

岩本山 常泉寺 曹洞宗 本尊:聖観世音菩薩

秩父三十四観音霊場第3番

【所在地】

埼玉県秩父市山田1392

スポンサードリンク

 金昌寺 埼玉県秩父市

 金昌寺 秩父三十四観音第四番の御朱印

 

【金昌寺概略】

県指定民族資料石仏群のある寺として知られ、本堂は 三間四面、様式は唐風の江戸中期の建築。本尊は、十一面観世音立像で、像高107糎、室町時代、行基菩薩 の作といわれている。宝永年間より江戸、北陸、山陰、山陽を問わず全国的に 分布する信者により菩提供養のため奉紊された石仏が一千余体 あり、中でも子育観音の石仏が有名。

お寺の駐車場を利用。行くまでの道が若干狭いです。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

高谷山 金昌寺 曹洞宗 本尊:十一面観世音菩薩

秩父三十四観音霊場第4番

【所在地】

埼玉県秩父市山田1803

スポンサードリンク

語歌堂 埼玉県秩父郡横瀬町

語歌堂 秩父三十四観音第五番 の御朱印

 

七観音霊場の御朱印

 

【語歌堂概略】

慈覚大師の作と伝えられる准胝観世音菩薩を安置するために堂を建立した本間孫八が、ある旅僧と夜を徹して和歌の道を語り合い、ついに奥義を体得したことから語歌堂と名付けられた。

御朱印は250メートルほど離れたところにある長興寺でいただける。
語歌堂の駐車場は数台分あるが、長興寺は2~3台分しかなく歩いて行くのが普通。

【名称】

小川山  語歌堂  臨済宗南禅寺派 本尊:准胝観世音菩薩

秩父三十四観音霊場第5番  七観音霊場准胝観音の札所

【所在地】

埼玉県秩父郡横瀬町横瀬6086

卜雲寺 埼玉県秩父郡横瀬町

卜雲寺 秩父三十四観音第六番の御朱印

 

【卜雲寺概略】

伝行基作の本尊は古代末期より発生した山岳信仰の流をくむ蔵王権現社の本尊として 長く武甲山頂にあり、その後山岳信仰の推移とともに萩野堂に移され長享年間 (1487頃)の札所再編により卜雲寺管理となった。

細い道を通ってお寺の先に駐車スペースがあります。整地されていないのでうまく停めないと帰りが厳しいかもしれません。このエリアは札所が近接しているので歩いてまわっている方々がたくさんいました。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

向陽山 卜雲寺 曹洞宗 本尊:聖観音菩薩

秩父三十四観音霊場第六番

【場所】

埼玉県秩父市横瀬町苅米1430

スポンサードリンク

法長寺 埼玉県秩父郡横瀬町

法長寺 秩父三十四観音第七番の御朱印

 

【法長寺概略】

札所七番堂は牛伏堂といい、本尊は十一面観音(伝行基作)。当初、根古屋3区の牛伏にあったが、天明2年(1782)の災害の際に別当寺の法長寺本堂に移され、これ以降、合わせ祀られている。堂内正面の欄間には、四国札所八十六番志度寺の縁起玉取り物語の彫刻がある。また、堂内左右に座敷書院を配し、内陣のまわりには極彩色の彫刻欄間、格天井には花鳥が描かれている。

六番卜雲寺から車ですぐです。広い駐車場で停めやすいです。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

青苔山 法長寺  曹洞宗 本尊:十一面観音菩薩

秩父三十四観音霊場第7番

【所在地】

埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬1501番地

西善寺 埼玉県秩父郡横瀬町

西善寺 秩父三十四観音第八番の御朱印

 

東国花の寺 埼玉第一番の御朱印

 

【西善寺概略】

文歴元年(1234)、播磨国 書写山 円教寺(西国札所27番)開山の性空上人ら13人の権者が、秩父を巡暦してここを観音の地と定めたことに由来。
境内には樹齢約600年のコミネモミジ(カエデ)、埼玉県指定天然記念物の巨木がある。

札所七番から大きい道を少し走り反対側の細い道を入ります。途中に武甲山御嶽神社があります。駐車場は結構広いです。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

清泰山 西善寺 臨済宗南禅寺派 本尊:十一面観世音菩薩

秩父三十四観音霊場第8番  東国花の寺百ヶ寺 埼玉第1番

【場所】

埼玉県秩父郡横瀬町横瀬598

スポンサードリンク

明智寺 埼玉県秩父郡横瀬町

明智寺 秩父三十四観音第九番の御朱印

 

【明智寺概略】

建久2年(1191)明智禅師が堂を建てたといわれている。本尊は如意輪観音(伝惠心僧都作)。札所五番の語歌堂と同時代に造られたと伝えられており、文化6年(1809)の記録では、当時の観音堂は約7m四方で語歌堂と同規模であり、荘厳なものであった。明治16年(1883)に落雷で焼失したため、その後は民家風の仮堂であったが、平成2年に現在の観音堂に建てなおされた。

境内に駐車できますが狭いです。出るときにぶつけそうになりました。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

明星山明智寺 臨済宗南禅寺派 本尊:如意輪観世音菩薩

秩父三十四観音霊場第九番

【所在地】

埼玉県秩父郡横瀬町横瀬2160

大慈寺 埼玉県秩父郡横瀬町

大慈寺 秩父三十四観音第十番の御朱印

 

【大慈寺概略】

延徳2年(1490)の開創で、明応2年(1493)東雄禅師が再建し開山となる。本尊の聖観世音菩薩像と脇仏の子安観音・地蔵菩薩像等があり、子安観音は安産子育ての仏として有名。又、堂内正面脇になで仏として諸病を治すといわれる「おびんずる様」が安置されている。

駐車場から少々歩きます。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

萬松山 大慈寺  曹洞宗  本尊:聖観音菩薩

秩父三十四観音霊場第10番札所

【所在地】

埼玉県秩父郡横瀬町横瀬5151

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。