東福寺とその周辺寺院の御朱印 京都市東山区




スポンサードリンク

東福寺とその塔頭寺院

東福寺とその塔頭寺院の御朱印については参拝記とともにこちらのページでご紹介しています。

法性寺 京都市東山区

法性寺 洛陽二十一番 の御朱印

【概略】

延長二年(九二四)に左大臣藤原忠平が創建。 以後、藤原一門の加護を受け、平安時代を通じて大いに栄えた藤原家の氏寺。現在、国宝に指定されている観音様は創建当時の仏像であり、灌頂堂の本尊と伝えられ「厄除観音」の名で知られている。

東福寺駅から徒歩で行きました。門が閉まっていて少し入りづらいですが中に入り御朱印をいただきました。

【名称】

大悲山法性寺  浄土宗西山禅林寺派  本尊:二十七面千手観音菩薩

洛陽三十三所観音第21番

【場所】

京都市東山区本町16丁目307番地

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉が好きな歴史ヲタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。