上杉神社・松岬神社の御朱印 山形県米沢市




このページでは山形県米沢市の上杉神社、松岬神社の御朱印をご紹介しています。

上杉神社 山形県米沢市

上杉神社の御朱印

image

【概略】

明治9年、上杉謙信、上杉鷹山を祭神として、米沢城本丸跡に建立された。 明治35年に別格官幣社となり、その際に鷹山は摂社に祀られ松岬神社となった。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。

松が岬公園(米沢城址)の中にあり公園の駐車場を利用しました。御朱印は社務所にていただきました。

【鎮座地】

山形県米沢市丸の内1丁目4-13

【祭神】

上杉謙信公

松岬神社 山形県米沢市

松岬神社の御朱印

image

【概略】

明示35年上杉神社が別格官幣社に列せられるに際し、米沢藩中興の大名・上杉鷹山が摂社である松岬神社に移されることになった。その後、上杉景勝公、直江兼続、細井平洲、竹俣当綱、莅戸善政が合祀された。

米沢城址、松が岬公園内にあります。上杉神社に向かう途中にあり御朱印は上杉神社でいただきました。

【祭神】

上杉鷹山公、上杉景勝公、直江兼続、細井平洲、竹俣当綱、莅戸善政

【鎮座地】

山形県米沢市丸の内1丁目3-60

関連記事

上杉家の城下町・米沢御朱印巡り

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。