寛永寺・輪王寺の御朱印 東京都台東区




このページでは東京都台東区の寛永寺・輪王寺の御朱印をご紹介しています。

寛永寺 東京都台東区

寛永寺の御朱印

image

オリジナル御朱印帳

【寛永寺概略】

徳川将軍家の祈祷所・菩提寺。17世紀半ばからは皇族が歴代住職を務め、日光山、比叡山をも管轄する天台宗の本山として近世には強大な権勢を誇ったが、慶応4年(1868年)の上野戦争で主要伽藍を焼失した。現在の本堂は明治12年(1879年)、川越喜多院の本地堂を移築したもの。

上野公園の敷地はもとは寛永寺の寺領。明治時代に没収され公園となった。現在の本堂は東京芸大の裏にひっそりとした感じであります。国立博物館から向かって左に歩き、角を曲がった奥にあります。いかにも裏に押し込められたような感じで往時の面影はあまり感じられません。御朱印は庫裏にていただきました。

【名称】

東叡山 寛永寺 円頓院 天台宗関東総本山 本尊:薬師如来

【所在地】

東京都台東区上野桜木一丁目14番11号

輪王寺 東京都台東区

輪王寺の御朱印

image

【輪王寺概略】

もとは寛永寺の伽藍の一部で、開山堂または慈眼堂と称されていた。一般には通称の「両大師」で知られる。この通称は天海(慈眼大師)と良源(慈恵大師、元三大師)を祀ることに由来する。

国立博物館から歩いて行きました。向って右に少し歩くとすぐに着きます。往時の歴史を知ると、とてもこじんまりとした姿がかわいそうな気がします。御朱印は本堂内の納経所にていただきました。

【名称】

東叡山輪王寺 天台宗 本尊:阿弥陀如来

【所在地】

東京都台東区上野公園14-5

スポンサードリンク

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。