聖護院門跡・積善院凖提堂の御朱印 京都市左京区

スポンサードリンク





このページでは京都市左京区の聖護院門跡・積善院凖提堂の御朱印をご紹介しています。

聖護院門跡 京都市左京区

聖護院門跡の御朱印

image

近畿三十六不動尊第十八番の御朱印

オリジナル御朱印帳

【聖護院門跡概略】

日本の修験道における本山派の中心寺院であると共に全国の霞を統括する総本山。静恵法親王(後白河天皇の子)が宮門跡として入寺して以降、 代々法親王が入寺する門跡寺院として高い格式を誇った。

哲学の道から岡崎神社を経て徒歩で参詣しました。2階に御本尊がいらっしゃり、1階の受付で御朱印をいただきました。オリジナル御朱印帳を購入しました。役行者霊蹟の専用納経帳も販売していましたが購入せず、次回伺ったときはすでに取り扱っていませんでした。初めに買えばよかったと後悔しています。

高校の修学旅行でこちらに泊まったのですが、かなり昔なので残念ながらあまり記憶がありません。

【名称】

聖護院門跡 本山修験宗 本尊:不動明王
近畿三十六不動尊第十八番、役行者霊蹟札所

【所在地】

京都市左京区聖護院中町15

スポンサードリンク

 積善院凖提堂 京都市左京区

 積善院凖提堂の御朱印

image

【積善院凖提堂概略】

聖護院塔頭。積善院は1200年ころ鎌倉時代に建立。江戸時代に建立された凖提堂と明治期に合併した。凖提観音は光格天皇の勅願。

聖護院のとなりにあります。御朱印は寺務所にていただきました。

【名称】

積善院凖提堂 聖護院塔頭 本尊:不動明王

【所在地】

京都市左京区聖護院中町14

関連記事

南禅寺~哲学の道~聖護院 御朱印散歩 ~御朱印旅紀行

スポンサードリンク

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。