府八幡宮 静岡県磐田市

府八幡宮参道




府八幡宮 静岡県磐田市 の御朱印

府八幡宮の御朱印

【府八幡宮概略】

天平年間(729年-748年)に天武天皇の曽孫で遠江国司であった桜井王によって設置されたと伝えられる。

建物の多くが、江戸時代に建造されたもので、寛永12年(1635年)に建立された楼門は静岡県の文化財に、中門・本殿・拝殿および 幣殿は市の文化財に指定されている。

【鎮座地】

静岡県磐田市中泉112-1

【祭神】

誉田別命、足仲彦命、気長足姫命

府八幡宮本殿

【参拝略記】

神社の前を通り過ぎてNTTの脇を抜けて駐車場に入りました。

地図を見たら磐田市の中心地のようでしたが実際はのどかな雰囲気のところでした。

もっと大きい神社を想像していましたがそんなでもなかったです。

御朱印は参道にある授与所にていただきました。

オリジナル御朱印帳があるそうですが売り切れで買えませんでした。

府八幡宮参道

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。