喜多方市の御朱印(新宮熊野神社(長床)・出雲神社・会津大仏) 




このページでは福島県喜多方市の新宮熊野神社(長床)・出雲神社・会津大仏の御朱印をご紹介しています。

新宮熊野神社(長床) 福島県喜多方市

新宮熊野神社(長床)の御朱印

【新宮熊野神社(長床)概略】

平安時代の天喜3年(1055年)前九年の役の際に源頼義が戦勝祈願のために勧請。その後、寛治3年(1089年)後三年の役の時に頼義の子・八幡太郎義家が現在の地に熊野新宮社を遷座・造営したという。熊野神社長床と呼ばれている拝殿は国の重要文化財。長床前にある大イチョウは樹齢は800年といわれ,、秋になると長床とのコントラストが特に美しい。JR東日本のコマーシャルで使用され全国的に有名になった。

以前、福島に住んでいた時はほとんど人がいなかったのですが、今回来てみると観光地としてかなり整備されていてびっくりです。JR東日本のコマーシャル以来お客さんが増えたのでしょうか。拝観には拝観料が必要です。御朱印は拝観受付にていただきました。

【祭神】

熊野三山(家都御子神、熊野速玉大神、熊野夫須美大神)

【鎮座地】

福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野2258

出雲神社 福島県喜多方市

出雲神社の御朱印

【出雲神社概略】

創建は正歴年間(990年〜995年)。当地に下向した安倍晴明が「国土開墾の神」として大国主命を奉斎したことに始まるという。その後は「総社神社」という名称だったが明治4年に「出雲神社」に変更となった。

会津に出雲神社で少し変な気がしますが、由緒ある神社です。新宮熊野神社(長床)はこちらの神職さんが兼務されているとのことです。境内に駐車可能で、御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

大国主神

【鎮座地】

福島県喜多方市寺南2589

スポンサードリンク

会津大仏(願成寺) 福島県喜多方市

会津大仏の御朱印

【会津大仏(願成寺)概略】

嘉禄3年(1227年)、浄土宗の開祖法然の高弟である隆寛律師が開基したと伝えられる。慶長16年(1611年)、慶長三陸地震による震災で現在の場所に移転された。会津大仏は鎌倉時代の作で国の重要文化財。中尊阿弥陀如来像の像高は2.41M。

喜多方の市街地から車でそこそこの距離を走りました。会津大仏は本堂とは別の会津大仏御堂に安置されています。御朱印は庫裡にていただきました。スタンプのものしかないそうです。

【名称】

叶山三寳院願成寺(通称:会津大仏) 浄土宗

【所在地】

福島県喜多方市上三宮町上三宮字籬山833

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。