三井寺観音堂 滋賀県大津市

三井寺西国14番の御朱印




三井寺観音堂 西国14番 の御朱印

 

三井寺西国14番の御朱印

 

三井寺観音堂 びわ湖108霊場第6番 の御朱印

 

wp-1481117605839.jpg

 

【三井寺観音堂概略】

西国三十三所第14番札所。

もとは聖願寺とも正法寺とも呼ばれ、 現在地よりもはるか山上にあったという。

現在の堂は元禄2年(1689年)に再建されたものといわれている。

堂内に安置されている本尊「如意輪観世音菩薩」は平安時代の作とされ、三十三年毎に開扉される秘仏。

【名称】

長等山園城寺 観音堂 天台寺門宗総本山

観音堂本尊:如意輪観世音菩薩

 

【所在地】

滋賀県大津市園城寺町246

 

三井寺観音堂

 

【参拝略記】

三尾神社、水観寺から階段を昇ります。参拝当日は気温が高く、段数がそこそこあって疲れました。

西国の札所なので、かなりの参拝客の方々がいらっしゃいました。

御朱印は上記の他にびわ湖5番の近松寺のものもいただけます。

境内の食堂で休憩しましたが、そこでサングラスを忘れてしまい、かなり行ってから再度戻りましたのでかなり体力を使ってしまいました。

 

三井寺観音堂からの眺め

 

高台ですので眺めが素晴らしかったです。

 

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。