三井寺釈迦堂 滋賀県大津市

三井寺釈迦堂の御朱印




三井寺釈迦堂の御朱印です。

 

三井寺釈迦堂の御朱印

 

【三井寺釈迦堂概略】

元和7年(1621)に京都御所の清涼殿を移築したものとも伝えられている。室町初期に建てられた食堂遺構として大変貴重な建物で重要文化財の指定を受けている。

内部には須弥壇が設けられ清涼寺式釈迦如来像を安置していることから釈迦堂とも呼ばれている。

 

【名称】

園城寺(三井寺)釈迦堂

 

【所在地】

三井寺境内

 

wp-1481898953481.jpg

 

【参拝略記】

大門(仁王門)を入ってすぐ右手にあります。私は反対側から入ったので三井寺で一番最後の参拝となりました。

御朱印は本堂内の納経所にていただきました。

 

三井寺入場口

 

三井寺の拝観受付です。

 

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク






ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。