見玉不動尊の御朱印 新潟県津南町




新潟県津南町にある見玉不動尊は眼病に御利益があるとされ、境内に七段の滝が流れる美しい自然豊かなお寺です。

見玉不動尊 新潟県津南町

見玉不動尊の御朱印

見玉不動尊の概略

山号: 見玉山

院号: 正宝院

通称:見玉不動尊

宗派:天台宗

本尊:不動明王

創建:文治二年(1188年)

札所:魚沼三十三観音霊場 第二十五番札所

見玉不動尊の歴史(津南町HPより)

秋山郷の入口見玉にある天台宗のお寺です。

その由来は、文治元年、壇ノ浦の合戦で平家が滅びた翌文治2年、平清盛の家臣宮本清左衛門がお告げによって平家の守護神である不動明王を捧持して見玉村にいたって安置し、自ら初代住職となって正宝院(しょうほういん)が誕生したとされています。

文政5年、伽藍四棟及び平清盛願文を焼失しましたが、本尊・不動明王は火災より難をのがれました。その後再び大正3年に焼失、大正8年に現在の不動堂が再建されました。

本尊不動明王は眼病に特に霊験があり、昔から多くの眼病治癒の逸話が残っています。北方高所の中腹に登る石段70段の上に本堂である不動堂が建ち、石段下の参堂入口に本堂を護持する正宝院と高さ2メートル半の金剛力士の仁王門を構えています。

本堂と参道は老杉巨木におおわれ、本堂へ登る石段に沿う岩石の間を流れ落ちる清水は各所に滝をつくり、境内は真夏でも暑さを感じない自然に恵まれた霊地と言われています。

なお、この寺の本山は比叡山延暦寺です。

見玉不動尊写真

参詣雑記

津南町は関越道から長野県側に一山超えて南下するというかなり行きづらいところにありますが、この見玉不動尊はさらに山の方に車を走らせますので相当遠いです。

十日町から津南町にかけたエリアでは、衛星からの電波が届かないのか、カーナビが効かなくなるところもあり、それだけでも「秘境感」満載ですが、ここはさらに山間に入ることもあり、ここから先は文字通りの「秘境」と言っても良い感じです。

お寺は本堂まで階段を登りますが、その横にかなりの水量の滝が流れています。とても綺麗な水で、清々しい気分になります。

なかなか味わえない感覚ですので、遠いですが訪れる価値のあるお寺かと思います。

御朱印は麓の本坊でいただきました。札所にもなっていますので特に表記はありませんが快く応じていただきました。

宿泊は十日町の松之山温泉 ひなの宿 ちとせを利用しました。松之山温泉は「日本三大薬湯」として知られており、こちらの宿は源泉かけ流しのお湯が楽しめます。

所在地

新潟県中魚沼郡津南町大字秋成9761

見玉不動尊 ~ 津南町HP

津南町の観光スポット ~ 楽天たびノート

あわせて行きたい

関興寺の御朱印 新潟県魚沼市

雲洞庵の御朱印 新潟県南魚沼市

浦佐毘沙門堂の御朱印 新潟県南魚沼市

八海山尊神社の御朱印 新潟県南魚沼市

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で









ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉が好きな歴史ヲタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。