高山市の御朱印(水無神社・飛騨山王宮日枝神社・櫻山八幡宮・高山別院ほか)




このページでは岐阜県高山市の水無神社・飛騨山王宮日枝神社・櫻山八幡宮・飛騨国分寺・相応院・高山御坊・飛騨総社・飛騨天満宮・高山善光寺・山桜神社の御朱印をご紹介しています。歴史的な風情を感じる場所で外国人に人気の観光地というのも頷けます。御朱印だけでなく街並みの観光を含めて数日間ゆっくりしたいところです。

高山・白川郷の観光スポット~楽天たびノート

目次

水無神社 岐阜県高山市

水無神社 飛騨国一宮の御朱印

水無神社オリジナル御朱印帳

【水無神社概略】

飛騨国一宮。創建の年代は不詳。清和天皇の時代に従五位上の神階の記事があることからそれ以前の創建と考えられる。1945年(昭和20年)8月22日から同年9月19日までの間、熱田神宮の神体(天叢雲剣)が一時避難していた。

〈古典部〉シリーズ『遠まわりする雛』(米澤穂信)の舞台になった神社。アニメ聖地巡りをした大学生の息子が参拝したので御朱印・御朱印帳をいただいてもらいました。東京から飛騨高山へは遠いですがバス利用が早くて安いようです。

〈古典部〉シリーズ内で主人公たちが誤って閉じ込められた倉庫。

【祭神】

水無大神

【鎮座地】

岐阜県高山市一之宮町一の宮上5323

スポンサードリンク

飛騨山王宮 日枝神社 岐阜県高山市

飛騨山王宮 日枝神社の御朱印です。

飛騨山王宮オリジナル御朱印帳

【飛騨山王宮日枝神社概略】

高山市の高山城下町南半分(宮川以南)の氏神。1141年(永治元年)、飛騨国国司で三仏寺城城主である飛騨守平時輔が、近江国日吉神社を勧請し、三仏寺城の近くに創建した。飛騨国に入った金森長近が、1605年(慶長10年)に高山城の鎮護神として現在地へ移転した。

強力なパワースポットとして知られており、映画「君の名は」の聖地として比定されている。こちらもアニメの聖地巡りをした大学生の息子にいただいて来てもらいました。

【祭神】

大山咋神

【鎮座地】

岐阜県高山市城山156

櫻山八幡宮 岐阜県飛騨高山市

櫻山八幡宮の御朱印

櫻山八幡宮オリジナル御朱印帳

【櫻山八幡宮概略】

秋の高山祭りで有名。仁徳天皇の御代に、飛騨一帯で猛威を振るっていた両面宿儺を退治の必勝祈願のため応神天皇(八幡神)を祀ったのが始まりとされる。江戸時代に高山領主となった金森氏の崇敬が篤かった。

高山の街中にあるとても大きな神社です。高山祭屋台会館を併設していて見学しました。参道には伝統的な日本家屋が並んでいて良い雰囲気です。雪の中でしたが多くの観光客の方がいらっしゃいました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

応神天皇

【鎮座地】

岐阜県高山市桜町178

スポンサードリンク

飛騨国分寺 岐阜県高山市

飛騨国分寺の御朱印(中部四十九薬師霊場四十一番)

飛騨三十三観音霊場第一番の御朱印

飛騨国分寺オリジナル御朱印帳

【飛騨国分寺概略】

聖武天皇の詔により757年(天平勝宝9年)頃、行基によって建立されたという。その後焼失と再興を繰り返す。飛騨国が天領になり高山城が取り壊された際に一部が飛騨国分寺に移築された。

高山の繁華街の中にあります。境内はあまり大きくないですが、三重塔と御神体の大いちょうが見事です。街中にあるので参拝客が引っ切り無しに来ていました。ホテルから徒歩で行きましたが、境内に駐車場がりました。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

醫王山飛騨国分寺 高野山真言宗 本尊:薬師如来坐像

飛騨三十三観音霊場第一札所、中部四十九薬師霊場四十一札所

【所在地】

岐阜県高山市総和町1-83

スポンサードリンク

相応院 岐阜県高山市

相応院の御朱印

飛騨三十三観音霊場第二番の御朱印

円空薬師の御朱印

【相応院概略】

相応院は平安時代の中ごろに高野山に建立され、江戸時代に飛騨を治めた金森家の高野山での菩提寺であった。一方、櫻山八幡宮の別当寺であった櫻山長久寺は明治の廃仏毀釈により廃寺となり、その跡地に相応院が寺号と聖観音などを譲り受けて移設された。円空仏が三体あるのは全国的にも貴重。

櫻山八幡宮から歩いてすぐのところにあります。元の別当寺があったところというのは納得です。御朱印は玄関を入ったところでお願いしました。

【名称】

桜雲山 相応院 高野山真言宗 本尊:不動明王

飛騨三十三観音霊場第二番

【所在地】

高山市桜町149

高山別院 岐阜県高山市

高山別院の御朱印

【高山別院概略】

高山御坊、ひだご坊とも呼ばれる、浄土真宗大谷派東本願寺の別院。後鳥羽上皇の孫とも皇子ともいわれる嘉念坊善俊により建立。善俊は三島にて親鸞の門人となったという。戦国時代には当地に侵攻した金森氏と協調路線を取り、後に大いに繁栄した。江戸時代に入り末寺との軋轢から、東本願寺に献上され本山の掛所「高山御坊」となった。

浄土真宗のお寺ですが御朱印がいただけます。社務所の受付で書き置きの御朱印がいただけます。拝観当日は工事中でしたので近くには寄ることができませんでした。それでもたくさんの方が参拝に来ていました。

【名称】

真宗大谷派 高山別院 光曜山 照蓮寺 浄土真宗 真宗大谷派 本尊:阿弥陀如来

【所在地】

岐阜県高山市鉄砲町6番地

飛騨総社 岐阜県高山市

飛騨総社の御朱印

【飛騨総社概略】

平安時代の承平年間(931年~938年)の創建とされる。以降、衰退と再建を繰り返し、1887年(明治20年)より1890年にかけて大造営が行なわれ参道等も整備された。

高山の街の繁華街を過ぎて住宅地になった付近に鎮座します。こじんまりとしていますが、とても清々しい雰囲気のある神社です。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

大八椅命

【鎮座地】

岐阜県高山市神田町2-114

スポンサードリンク

飛騨天満宮 岐阜県高山市

飛騨天満宮の御朱印

【飛騨天満宮概略】

菅原道真の三男で父道真や他の兄弟たちと同じく左遷されて飛騨国権掾になっていた菅原兼茂が父の道真が亡くなったのを聞き、祠を建て、自らの手で彫った木像を祀ったのが始まりという。その後に荒廃していたが天正年間~江戸時代に再建された。

高山陣屋を見学してから歩いて参拝しました。徒歩10分くらいでしょうか。境内には道真公ゆかりの牛の像があり、合格祈願の絵馬がたくさんありました。大きな道路沿いにありますが境内はとても静かな雰囲気でした。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

菅原道真

【鎮座地】

岐阜県高山市天満町2丁目30

高山善光寺 岐阜県高山市

高山善光寺の御朱印

【高山善光寺概略】

江戸時代に焼失した林香院という寺院は本尊に一光三尊形式の「善光寺如来」様を勧請されるも寺の再建はできなかったという。明治に入いり善光寺信仰の高まりから土地の寄進などを受け、信州善光寺から別院号を受け建立された。

宿坊をやっていていて外国人を含め旅行客を受け入れています。御朱印は中でいただきましたがとても綺麗な館内でしたので、次回はここで泊まるのもありかなと思いました。

【名称】

善光寺大本願飛騨別院 常照山 善光寺 浄土宗 本尊:一光三尊阿弥陀如来

【所在地】

岐阜県高山市天満町4-3

山桜神社 岐阜県高山市

山桜神社の御朱印

【山桜神社概略】

山桜とは、江戸時代初期に実在した馬の名前。高山城城主金森頼直に献上され頼直の愛馬となった。1657年(明暦3年)の明暦の大火では、高山藩の江戸屋敷が火に包まれてしまったのを、山桜は百間堀を飛び越えて、頼直を救ったという。晩年にあてがわた厩舎のあった地に祀られた。

高山の中心街の商店会の中にあります。神社は無人でしたが張り紙があり御朱印は向かいのお茶屋さんでもらってくださいとありました。せっかくなのでお土産に飛騨茶も買いました。

【祭神】

山桜

【鎮座地】

岐阜県高山市本町2丁目65

飛騨高山御朱印MAP

高山・白川郷の観光スポット~楽天たびノート

首都圏から高山までは高速バスが安くて、早いのでおすすめです。

楽天トラベル 高速バス・バスツアー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク











ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。