雲洞庵の御朱印 新潟県南魚沼市




雲洞庵は養老元年創建の古刹で、一時廃れていたが、関東管領の上杉憲実が禅寺として再興し、越後四箇之道場と称されるほど興隆しました。

赤門から参道の下には法華経の一石一字が埋め込まれており、参道を踏みしめてお参りすると大変ご利益があるとされ、「雲洞庵の土踏んだか、関興寺の味噌嘗めたか」と古来から言われています。

雲洞庵 新潟県南魚沼市

雲洞庵の御朱印

オリジナル御朱印帳

雲洞庵の概略

山号: 金城山

院号: 雲洞院

宗派: 曹洞宗

本尊: 釈迦牟尼仏

創建年 :飛鳥時代から奈良時代前期

開山: 藤原先妣尼、藤原房前

開基 :藤原房前

正式名 :金城山雲洞院、金城山雲洞院

雲洞庵の歴史(公式HPより)

今から1300年ほど前の奈良時代、藤原房前公(藤原鎌足の孫)の母君が出家して当地に庵を結び、金城山から湧き出る霊泉で沢山の病人を救いました。

母君亡き後、薬師如来を携えてこの地を訪れた房前公は、母親の菩提を弔う金城山雲洞庵を建立されました。以来、藤原家の尼僧院として律宗に属し、約600年間にわたり特に女人救済の庵寺として大変栄えたのです。

その後、今から600年ほど前の室町時代、関東管領・上杉憲実公が藤原家末裔の因縁で庵をうけ、曹洞宗雲洞護国禅庵を開創し、以降、北陸無双の大禅道場として栄えてきました。

雲洞庵写真

参詣雑記

写真のとおり美しい境内の中、「土踏んだか」と言われる参道を歩いて本堂まで進みます。

お寺の中はとても広く全部を拝観するのにはかなり時間がかかります。

【所在地】

新潟県南魚沼市雲洞660

雲洞庵公式ページ

南魚沼市公式ページ

南魚沼の観光スポット ~ 楽天たびノート

あわせて行きたい

関興寺の御朱印 新潟県魚沼市

弥彦神社の御朱印 新潟県西蒲原郡弥彦村

八海山尊神社の御朱印 新潟県南魚沼市

浦佐毘沙門堂の御朱印 新潟県南魚沼市

見玉不動尊の御朱印 新潟県津南町

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で









ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉が好きな歴史ヲタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。