秋田市の御朱印(太平山三吉神社・八幡日吉神社・彌高神社・古四王神社ほか)




このページでは秋田県秋田市の太平山三吉神社・八幡日吉神社・彌高神社・三皇熊野神社里宮・三皇熊野神社本宮・古四王神社・土崎神明社の御朱印をご紹介しています。

秋田の観光スポット~楽天たびノート

太平山三吉神社 秋田県秋田市

太平山三吉神社の御朱印

 

太平山三吉神社オリジナル御朱印帳

【太平山三吉神社概略】

社伝によれば白鳳2年(673年)、役小角が創建したという。その後延暦20年(801年)征夷大将軍坂上田村麻呂が戦勝を祈願して社殿を建立し、鏑矢を奉納したという。中世を通じて薬師如来を本地仏とする修験道の霊場として崇敬された。

秋田市街から高速の入り口へ向かう途中にあります。専用駐車場を利用しました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

大己貴大神 少彦名大神 三吉霊神

【鎮座地】

秋田県秋田市広面赤沼3

八幡日吉神社 秋田県秋田市

八幡日吉神社の御朱印

 

【八幡日吉神社概略】

旧久保田城下の総鎮守。 境内は、サクラの名所として知られている。外町に住む商人や職人の守り神として歴史ある神社。境内には木造朱塗りの三重の塔がそびえ、厳かな雰囲気に包まれている。

少しわかりづらいですが、専用駐車場があります。公園になっている一部に神社があります。御朱印は社務所していただきました。最初に訪れたときは御不在だったので、夕方に再度訪問していただきました。

【祭神】

大山咋神 大物主神 八幡大神

【鎮座地】

秋田県秋田市八橋本町1丁目4-1

 彌高神社 秋田県秋田市

 彌高神社の御朱印

 

【彌高神社概略】

明治14年八橋に平田神社を創建、のち秋田県教育会が崇敬母体となり、明治42年元の秋田図書館跡地にありたる旧県社八幡神社社殿を購入修理し、平田神社を此処に奉遷、同時に佐藤信淵大人命を合祀し、社名を旧藩主佐竹義和公書明徳館題額「仰之彌高」に因んで彌高神社と改称した。

千秋公園内にあります。公園から歩いてもいいですが専用の駐車場があります。御朱印は授与所にていただきました。

オリジナル御朱印帳がありましたが購入しませんでした。デザインがイマイチだったので買わなかったのですが、秋田へはなかなか行けないので買っておけばよかったと後悔しています。

帰りに秋田駅近くできりたんぽ鍋を食べました。

 

【祭神】

平田篤胤大人命、佐藤信淵大人命

【鎮座地】

秋田県秋田市千秋公園1番16号

スポンサードリンク

三皇熊野神社里宮 秋田県秋田市

三皇熊野神社里宮の御朱印

 

【三皇熊野神社里宮概略】

旧熊野神社で創立不詳であるが慶長5年再建された。三皇神社と共に昔から崇敬を集めて来た。明治44年三皇神社に合祀された。専用駐車場を利用しました。

御朱印は授与所にていただきました。本殿が改装中でした。

【祭神】

天照皇大神 伊邪那岐大神 伊邪那美大神 須佐之男命

【鎮座地】

秋田県秋田市牛島東2丁目2−36

スポンサードリンク

 三皇熊野神社本宮 秋田県秋田市

 三皇熊野神社本宮の御朱印

 

【三皇熊野神社本宮概略】

創立年月日不詳。再建は桓武天皇の延暦年間(延暦23年 804年頃)征夷大将軍坂上田村麻呂が竹原三光の神に祈誓して高清水の丘に向って矢を放ったと言われており、賊を討った報賽として社殿を再建したという。

境内に駐車しました。御朱印は社務所にていただきました。里宮から車で10分ほどで着きます。

【祭神】

天照皇大神 伊邪那岐大神 伊邪那美大神 須佐之男命

【鎮座地】

秋田市牛島西3-10-11

スポンサードリンク

古四王神社 秋田県秋田市

古四王神社の御朱印

 

【古四王神社概略】

社伝では、崇神天皇の時代、四道将軍大彦命が蝦夷を平定するため北陸道に派遣された折、北門の鎮護のために武甕槌神を齶田浦神(「あぎたのうらのかみ」は日本書紀に記載されている。一説では蝦夷が信仰した地主神または海洋神と推定し、「齶田」を「秋田」の古名とする。)として祀り、継いで斉明天皇の時代、阿倍比羅夫が秋田地方に来た折、自らの祖である大彦命を合祀し、越王神社(古四王神社)として創建したとされている。

専用駐車場を利用しました。御朱印は社務所にていただきました。ベルを押すと出てきて下さりました。非常に古めかしい神社です。近くの秋田護国神社へも行きましたが、神職さんがご不在で御朱印がいただけませんでした。

【祭神】

大彦命 武甕槌命

【鎮座地】

秋田県秋田市寺内児桜一丁目55-5

スポンサードリンク

土崎神明社 秋田県秋田市

土崎神明社の御朱印

 

【土崎神明社概略】

元和6年(1620年)に土崎の肝煎・川口惣治郎氏の氏神としてられていた神明様を湊城の跡地(現在地)に遷座し、藩主佐竹義宣の許可を得て土崎港の町の総鎮守としたことがはじまりとされ、中世の城下町であった土崎が、新しい城下町の建設により変わる中で、新たなる土崎港町の発展を願い創建された神社。毎年7月20日、21日の例祭の曳山行事は平成9年に国重要無形民俗文化財「土崎神明社祭の曳山行事」として指定されている。

境内の駐車スペースを利用しました。御朱印は社務所にていただきました。秋田の市街地からは少し離れた湊町にあります。新しくて綺麗な神社でした。市街地から離れているのに意外でした。

【祭神】

天照大神

【鎮座地】

秋田県秋田市土崎港中央3丁目9-37

秋田市御朱印MAP

秋田の観光スポット~楽天たびノート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。