正楽寺・光明寺の御朱印




正楽寺 岡山県備前市

中国三十三観音第三番の御朱印

image

【正楽寺概略】

奈良時代中期の天平勝宝年間に報恩大師が開いたとされる。

正楽寺地名の蕃山は、陽明学を完成させた熊沢蕃山に由来するもので、熊沢家は正楽寺の中興に大いに寄与したという。

門の前に駐車スペースがあります。

とても立派なお寺ですが、まわりに何もないからか、あまり人の気配のしないところです。

御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

日光山 千手院 正楽寺 高野山真言宗準別格本山 本尊:十一面観世音菩薩

中国三十三観音霊場第3番

【所在地】

岡山県備前市蕃山1305

光明寺 岡山県備前市

瀬戸内観音霊場第九番 の御朱印

image

【概略】

明治18年、中国地方を巡幸されていた明治天皇が帰途光明寺に1泊され、その記念として石碑が建てられている。

行基御作の本尊の秘仏の十一面観音は50年に1度御開帳されるとのこと。

国道2号線から少し入ったところにあり境内に駐車可能です。

御朱印は本堂に上げてくださりそちらでいただきました。とても親切なお寺で快く御朱印を書いていただきました。

【名称】

日光山光明寺 真言宗  本尊:十一面観世音菩薩

瀬戸内観音霊場第九番

【所在地】

岡山県備前市三石148

スポンサードリンク

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。