大石神社・赤穂八幡宮の御朱印 兵庫県赤穂市

スポンサードリンク


このページでは兵庫県赤穂市の大石神社、赤穂八幡宮の御朱印をご紹介しています。

大石神社 兵庫県赤穂市

大石神社の御朱印

image

オリジナル御朱印帳

【概略】

赤穂事件以降、赤穂浪士を称揚する人々によって旧赤穂城内の大石邸内に小さな祠が設けられ密かに祀られていた。1900年(明治33年)、あらためて「大石神社」として神社を創建することが政府から許可された。後に赤穂藩主・浅野氏の3代および、浅野家の後に赤穂藩主となった森家の遠祖の七武将を合祀した。

赤穂義士ゆかりの神社として知られ、 史料館には義士に関する展示品が多数ある。大願成就及び願望成就の神社として多数の参拝客で賑わっている。

場内の境内前に駐車場があります。御朱印は授与所にていただき、オリジナル御朱印帳も購入しました。

【祭神】

大石内蔵助良雄以下四十七士命、萱野三平、浅野家三代、森家七将

【鎮座地】

兵庫県赤穂市上仮屋旧城内

赤穂八幡宮 兵庫県赤穂市

赤穂八幡宮の御朱印

image

【概略】

応永13年(1406)鳥撫村(現在の天和)銭戸島から移されたと言われる。大石内蔵助ゆかりの布袋額・櫨の木・石灯篭などをはじめ、赤穂義士関係の書状などが数多く残されている。

赤穂の町中から橋を渡ったところにあります。境内の前に結構広い駐車スペースがあります。御朱印は宮司さん宅でいただきました。

【祭神】

応神天皇、神功皇后、仲哀天皇

【鎮座地】

兵庫県赤穂市尾崎203

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

御朱印は2012年から始めました。50代のおじさんですが、wordpressに挑戦したり、糖質制限ダイエットをしたりと、気持ちも容姿も10歳若く見られるために日々努力しています。ブログを移管した関係で、過去記事の修正作業中です。記事数が多いので時間はかかると思いますが綺麗なブログに変身させますのでお楽しみに。