鎌倉の御朱印一覧

スポンサードリンク





 鎌倉市の地域別の御朱印一覧です。

【鎌倉地域】

十二所

浄明寺

二階堂

f:id:mako_pee:20160930152203j:plain

西御門

雪ノ下

鶴岡八幡宮

扇ガ谷

英勝寺庭園

小町

宝戒寺

大町

材木座

長谷

鎌倉大仏

極楽寺

極楽寺

【腰越地域】

 腰越

【大船地域】

 山ノ内

建長寺

 

鎌倉での御朱印巡りについて

鎌倉へは自宅から車で1時間もかからないので時間があれば良く行ってます。ただし休日は車で行くと渋滞がすごいので主に平日中心です。

鎌倉は鎌倉三十三観音、鎌倉二十四地蔵、鎌倉十三仏などの札所が多いのでそちらを中心に回っていますが、何せ数が多いのでまだまだ全部回り切れていません。

また日蓮宗の寺院も多いのでそちらで御首題をいただけるのがうれしいです。

 

車で横横道路の朝比奈ICで降りて行きます。途中で「ちくあん」という蕎麦店で昼食をとることが多いです。

また帰りは雪の下のニュージャーマンで「鎌倉カスター」を買って帰るのがお気に入りです。

さらに横横道路から湾岸方面に行き金沢のコストコに寄って帰ることも多いです。ここのコストコは川崎店に比べて空いているので買い物がしやすくて気に入っています。

 

鎌倉は駐車場が少なく、停めるところがなかったり、料金が高かったりと困ることが多いですが、平日ならば光明寺、浄智寺、報国寺などでは無料で駐車できますので、そこから歩いて近隣のお寺をお参りすると便利です。

鎌倉市について

三方を山、一方を海に囲まれた天然の要害であり、かつては鎌倉幕府が置かれた政権の要の地です。鎌倉への行き帰りに通る道はどこかしらボトルネックのようなところがあるのがその名残でしょう。
しかし室町時代以降、度重なる戦乱により町は衰退したため、「都市鎌倉」としての歴史は残念ながら連続していません。あの鎌倉大仏ですらその由来が必ずしも明らかになっていないことからも、一時の衰退ぶりがわかろうというものです。

そういう点で「世界遺産」への登録は厳しいかと個人的には思っています。

現在の寺社の多くは江戸時代以降に再興したものですが、明治期以降、横須賀線の開通などにより観光地として大いに発展。さらに海水浴場としても人気を集め、近年はサーフィンの名所としても知られるようになりました。

寺社が多いこと、歴史的なネームバリューがあることから、わざわざ移り住む人が多いようで私の周りでもそういう人が何人かいます。東京からそこそこ離れていますので、ある程度のプレミアは付いているとはいえ地価もそれなりに安いこともあるのかと思います。私も少しは考えましたがやはりあの休日の道路の渋滞が何とかならないと引っ越す気は起きません。これからも平日の日帰り旅行を楽しもうと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。
お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。