恵林寺・雲峰寺の御朱印 山梨県甲州市

スポンサードリンク





このページでは山梨県甲州市の恵林寺・雲峰寺の御朱印をご紹介しています。

恵林寺 山梨県甲州市

恵林寺 の御朱印

image

オリジナル御朱印帳

【概略】

甲斐武田氏の菩提寺として知られる。天正10年、甲州征伐で武田氏が滅亡した後に恵林寺に逃げ込んだ佐々木次郎(六角義定)の引渡しを寺側が拒否したため、織田信忠によって焼き討ちにあった。徳川家康により再興され、徳川綱吉時代に側用人で、晩年に甲府城の城主となった柳沢吉保の墓所にもなっている。

三門前に駐車場があります。拝観料は大人300円です。
御朱印は拝観受付でいただきました。『恵林寺・忘禅』という新しい御朱印帳がありましたが値段が4,500円と驚きの価格でしたので購入は断念しました。

【名称】

乾徳山恵林寺 臨済宗妙心寺派 本尊:釈迦如来

【所在地】

山梨県甲州市塩山小屋敷2280

スポンサードリンク

 雲峰寺 山梨県甲州市

雲峰寺の御朱印

image

【概略】

雲峰寺は甲府の鬼門に位置するため、『甲斐国志』に拠れば武田氏の祈願所となっていたという。
天正10年(1582年)に武田勝頼が一族とともに天目山の戦いで滅亡した時、武田家の家宝である 「日の丸の御旗」 「孫子の旗」 「諏訪神号旗」 などを山伝いに運んだといわれている。
寺宝として保存され現在も宝物殿 で見ることができます。実際に見ましたが歴史好きにはなかなか感慨深いものがあります。

お寺の下の道沿いに駐車場があります。御朱印は宝物殿にていただきました。車で少し戻ったところに温泉施設「大菩薩の湯」というところがありますが、ここはPH10を超える高アルカリ泉ですので帰りに立ち寄ってみると良いと思います。

【名称】

裂石山雲峰寺 臨済宗妙心寺派  本尊:十一面観音

【所在地】

山梨県甲州市塩山上萩原2678

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。
お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。