元善光寺 長野県飯田市




元善光寺 長野県飯田市 の御朱印です。

【名称】
定額山元善光寺  天台宗  本尊:善光寺如来
六善光寺同時御開帳

【所在地】
長野県飯田市座光寺2638

【概略】
推古天皇10年(602年)にこの地の住人本多(本田)善光が、難波の堀江で一光三尊(善光寺如来)の本尊を見つけて持ち帰り、臼の上に安置したところ、臼が燦然と光を放ったことからここを「坐光寺」としたとされる。
その後、皇極天皇元年(642年)、勅命により本尊は芋井の里(現在の長野県長野市)へ遷座され、この寺が善光の名をとって善光寺と名付けられたことから、坐光寺は元善光寺と呼ばれるようになった。

六善光寺御開帳に合わせて参詣しました。
近い駐車場は混んでいて停められませんでしたので臨時駐車場から歩きました。
御朱印は納経所にていただきました。

オリジナル御朱印帳を購入しました。表装は西陣織だそうです。

関連記事
御朱印旅紀行 六善光寺同時御開帳 3 元善光寺、岐阜善光寺、善光寺東海別院、関善光寺

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。