関善光寺 岐阜県関市




関善光寺 岐阜県関市

関善光寺の御朱印

 

中濃八十八か所第10番の御朱印

 

オリジナル御朱印帳

 

【概略】

1798年(寛政10年)、信州善光寺の出開帳が行なわれた縁により、善光寺を模した本堂、戒壇が建てられた。本堂には日本唯一の卍形をした戒壇巡りがあるほか、隣には大きな大仏様が鎮座している大仏殿もある。(こちらの大仏様の御姿がラグビーの五郎丸のポーズと似ていると話題になっている。)

 

御開帳期間中の祝日に行きましたが一番近い駐車場に停められました。境内は良い雰囲気で楽しかったです。売店で売っていた卵が味が濃くて美味しかったです。帰りに市内でうなぎを食べましたが大変美味しく感動しました。また行きたいです。

御朱印は納経所にていただきました。オリジナル御朱印帳も購入しました。また中濃八十八箇所の専用納経帳も購入しました。

【名称】

妙祐山宗休寺(通称:関善光寺) 天台宗  本尊:善光寺如来

美濃八十八箇所第21番 中濃八十八箇所第10番、六善光寺同時御開帳

【所在地】

岐阜県関市西日吉町35

関連記事

御朱印旅紀行 六善光寺同時御開帳 3 元善光寺、岐阜善光寺、善光寺東海別院、関善光寺

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。