一心寺・清水寺の御朱印 大阪市天王寺区

スポンサードリンク


このページでは大阪市天王寺区の一心寺、清水寺の御朱印をご紹介しています。

一心寺 大阪市天王寺区

一心寺の御朱印

b8994ea8.jpg

【概略】

通常は盆の間だけの施餓鬼法要が、年中無休でできる寺として知られ、また宗旨に関係なく参詣や納骨を受け入れる寺でもあったため、全国から多くの納骨が集まる。1851年(嘉永4年)に遺骨数万体を集めて最初の大きな骨仏(阿弥陀仏)を作り、1887年(明治20年)以後10年ごとに集まった納骨で骨仏を作っている。

四天王寺から徒歩でいきました。四天王寺はどこか「遺跡」の雰囲気がありますが、こちらは「信仰が息づくお寺」という感じがします。御朱印は社務所の会計のところでいただけます。普通の列はものすごい混雑なので間違えないように。

【名称】

坂松山高岳院一心寺 浄土宗  本尊:阿弥陀如来

法然上人二十五霊場第七番

【所在地】

大阪府大阪市天王寺区逢阪二丁目8番69号

 清水寺 大阪市天王寺区

 清水寺 新西国客番 の御朱印

90432d5d.jpg

近畿三十六不動第二番の御朱印

1976513e.jpg

【概略】

創建の時期や事情については不詳。もとは有栖寺と称していた。寛永17年(1640年)に延海阿闍梨により中興された。延海は観世音菩薩の御告げを受けて、京都の清水寺を模した舞台造の本堂を建立し、本尊として京都の清水寺から迎えた千手観音像(聖徳太子作の伝承をもつ)を安置した。当寺の境内は北・西・南の三方が崖になっており、往時は大坂の街や大阪湾を見渡す眺望の地であった。

四天王寺から徒歩で行きました。裏手のお墓を抜けて階段を降りると納経所があります。

【名称】

有栖山 清水寺  和宗  本尊:十一面千手観世音菩薩
新西国三十三箇所客番、近畿三十六不動第二番

【場所】

大阪府大阪市天王寺区伶人町5-8

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

御朱印は2012年から始めました。50代のおじさんですが、wordpressに挑戦したり、糖質制限ダイエットをしたりと、気持ちも容姿も10歳若く見られるために日々努力しています。ブログを移管した関係で、過去記事の修正作業中です。記事数が多いので時間はかかると思いますが綺麗なブログに変身させますのでお楽しみに。