難波神社・坐摩神社の御朱印 大阪市中央区

スポンサードリンク


このページでは大阪市中央区の難波神社、坐摩神社の御朱印をご紹介しています。

難波神社 大阪市中央区

難波神社の御朱印

image

オリジナル御朱印帳

【概略】

創建は反正天皇と伝えられ、当初は大阪府松原市に鎮座していた。天慶6年(943年)に現在の天王寺区上本町に遷座、慶長2年(1597年)現在地に遷座、昭和20年(1945年)空襲により全焼、昭和49年(1974年)に再建され現在に至る。

地下鉄御堂筋線本町駅から徒歩で行きました。街中にあるのでいつ行っても賑やかです。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

仁徳天皇、素盞嗚尊

【鎮座地】

大阪府大阪市中央区博労町4−1−3

坐摩神社 大阪市中央区

坐摩神社 摂津國一宮 の御朱印

image

【概略】

神功皇后が三韓征伐より帰還したとき、淀川河口の地に坐摩神を祀ったことに始まる。延喜式神名帳では摂津国西成郡唯一の大社に列し、住吉大社と同じく摂津国一宮を称している。大阪築城の際に大阪の中心部の船場に遷座し、同地の守護神的存在となっている。

地下鉄御堂筋線本町駅から徒歩でいきました。オフィス街の中にあります。御朱印は授与所にていただきました。参拝時はなかったのですが現在はオリジナル御朱印帳があるようです。再訪して購入したいと思います。

【祭神】

坐摩神(生井神、福井神、綱長井神、波比岐神、阿須波神の総称)

【鎮座地】

大阪府大阪市中央区久太郎町四丁目渡辺3号

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

御朱印は2012年から始めました。50代のおじさんですが、wordpressに挑戦したり、糖質制限ダイエットをしたりと、気持ちも容姿も10歳若く見られるために日々努力しています。ブログを移管した関係で、過去記事の修正作業中です。記事数が多いので時間はかかると思いますが綺麗なブログに変身させますのでお楽しみに。