大阪市北区の御朱印(太融寺・鶴満寺・国分寺・大阪天満宮・露天神社・堀川戎神社)




このページでは大阪市北区の太融寺・鶴満寺・国分寺・大阪天満宮・露天神社・堀川戎神社の御朱印をご紹介しています。

スポンサードリンク

太融寺 大阪市北区

太融寺 新西国二番 の御朱印

太融寺 新西国二番の御朱印

近畿三十六不動の御朱印

近畿三十六不動の御朱印

おおさか十三仏の御朱印

おおさか十三仏の御朱印

【概略】

弘仁12年(821年)、嵯峨天皇の勅願により弘法大師が創建したと伝わる。天皇の皇子で、光源氏のモデルともいわれている源融が七堂伽藍を建立し、その名「融」の字をとって寺名にしたといわれている。境内に淀殿のお墓がある。

梅田駅から地下街を上り、東急インの向い、繁華街のはずれのちょっと危ない雰囲気の中にあります。歴史あるお寺だけあって参詣客も多く、まわりの雰囲気とは全くの別世界です。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

佳木山宝樹院太融寺 高野山真言宗別格本山 本尊:千手千眼観世音菩薩

新西国三十三箇所観音霊場第2番、近畿三十六不動尊霊場第6番、摂津国八十八箇所第6番、おおさか十三仏霊場第8番、神仏霊場巡拝の道第51番(大阪第10番)、なにわ七幸めぐり

【場所】

大阪市北区太融寺町3-7

鶴満寺 大阪市北区

鶴満寺 新西国三番の御朱印

鶴満寺 新西国三番の御朱印

【概略】

南長柄にある名刹で、子安聖観音をまつる八角塔楼閣付き造りの観音堂が有名。
霊元法皇の皇子勝の宮ご出産に際し、御母新大納言お局が、ご安産祈願のため刻まれた聖観音を、鶴満寺中興の祖、忍鎧上人が安置した。

大阪市営地下鉄天神橋筋六丁目駅から徒歩で東へ徒歩5分ほどです。国分寺とはすぐ近くです。御朱印は納経所でいただきました。伺ったときは参詣客もなくさびしい感じでした。

【名称】

雲松山 慈祥院 鶴満寺 天台真盛宗 本尊:阿弥陀如来

新西国三十三ヶ所 第3番

【場所】

大阪府大阪市北区長柄東1丁目3-12

 国分寺 大阪市北区

 近畿三十六不動の御朱印

近畿三十六不動の御朱印

西国薬師四十九霊場の御朱印

西国薬師四十九霊場の御朱印

おおさか十三佛の御朱印

【概略】

寺伝によれは斉明天皇の頃(655年)、日本法相宗の祖・道昭が孝徳天皇の菩提のために建てた長柄寺が起源といい、天平13年(741年)聖武天皇の国分寺創建の発願により、国分寺になったという。

大阪市営地下鉄「天神橋筋六丁目駅」下車、徒歩2分。鶴満寺の近くです。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

護国山 金剛院 国分寺  真言宗国分寺派大本山  本尊:薬師如来

摂津国八十八箇所 第9番 近畿三十六不動尊霊場 第7番 西国薬師四十九霊場 17番、おおさか十三仏霊場 第9番

【場所】

大阪市北区国分寺1丁目6-18

スポンサードリンク

大阪天満宮 大阪市北区

大阪天満宮の御朱印

大阪天満宮の御朱印

オリジナル御朱印帳

大阪天満宮の御朱印帳

【概略】

昌泰4年(901)菅原道真が太宰府へ左遷される途中、現在の天満宮の境内にある大将軍社に立ち寄って参拝した。道真の死後、そこに光り輝く松が生えたという話を村上天皇が聞いたため、大将軍社へ道真を祀ったのが始まりとされる。現在の社殿は大塩平八郎の乱による天保8年(1837年)の大火で全焼した後に再建されたもの。

地下鉄谷町線南森町駅から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。

2019年08月に再訪してオリジナル御朱印帳を購入しました。暑い日にもかかわらず御朱印をいただく人で賑わっていました。

【祭神】

菅原道真公

【鎮座地】

大阪府大阪市北区天神橋二丁目1番8号

スポンサードリンク

露天神社 大阪市北区

露天神社(つゆのてんじんしゃ)の御朱印

露天神社(つゆのてんじんしゃ)の御朱印 露天神社(つゆのてんじんしゃ)の御朱印

オリジナル御朱印帳

露天神社(つゆのてんじんしゃ)の御朱印帳

【概略】

通称「お初天神」。創建は西暦700年頃とされ、もともとは「住吉住地曾根神」と祀っていたとされる。昌泰4年(910)に菅原道真が太宰府へ左遷配流される途中、当社に立ち寄って歌を詠んだことから、歌の内容にちなんで「露天神社」と称するようになったと伝えられている。通称の「お初天神」は「天神の森」が近松門左衛門の「曽根崎心中」の舞台となり、その登場人物である遊女「お初」に因んで呼ばれるようになった。

地下鉄谷町線東梅田駅から徒歩で行きました。境内は繁華街に取り込まれていますが、多くの人で賑わっています。御朱印は授与所にていただきました。

2018年08月に再訪しオリジナル御朱印帳を購入しました。御朱印もカラフルになっていました。ここは繁華街にあって参拝しやすいこともあり、何人か御朱印待ちの人が並んでいました。

【祭神】

大己貴大神、少彦名大神、天照皇大神、豊受姫大神、菅原道真

【鎮座地】

大阪府大阪市北区曽根崎2-5-4

スポンサードリンク

堀川戎神社 大阪市北区

堀川戎神社の御朱印

堀川戎神社の御朱印

【概略】

「堀川のえべっさん」として知られ商売繁盛の神様として知られている。毎年1月9日から11日にかけて十日戎(とおかえびす)が開催される。歴史は古く、欽明天皇の時代、止美連吉雄が蛭子大神の神託により堀江で玉を得、それを神体として富島に蛭子大神を祀ったのに始まる。

地下鉄谷町線南森町駅から徒歩で行きました。御朱印は授与所にて書置きをいただきました。

【祭神】

蛭児大神(蛭子大神)、少彦名命、天太玉命

【鎮座地】

大阪府大阪市北区西天満5丁目4-17

大阪の観光スポット~楽天たびノート

御朱印でめぐる関西の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方御朱印シリーズ)

御朱印でめぐる関西の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方御朱印シリーズ)

1,404円(11/16 10:39時点)
発売日: 2017/11/09
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉が好きな歴史ヲタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。