北海道三十三観音霊場




スポンサードリンク

北海道三十三観音霊場の専用納経帳(御朱印帳)

 

 

北海道三十三観音霊場について

 

【沿革】

北海道三十三観音霊場は道内全域をめぐる規模を持つ。大正二年(1913年)に開創。
開創者は徳島県出身の山本ラク。

 

【巡礼所感】

結願するには北海道一周しなくてはならないのではっきり言って難易度はなかり高いです。北海道にでも転勤しない限り無理かなと思ってます。

 

札幌の成田山札幌別院で見かけたので専用納経帳を購入しました。
大判ですでに墨書きは印刷されており各寺院では朱印を押していただくだけですみます。

 

第1番 高野寺

第2番 神山教会

第7番 日光院

第9番 新栄寺

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉が好きな歴史ヲタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。