龍口明神社・大船観音寺の御朱印 神奈川県鎌倉市




龍口明神社 神奈川県鎌倉市

龍口明神社の御朱印

【龍口明神社概略】

欽明十三年(五五二年)建立。その後の養老七年(七ニ三年)に、江の島岩窟中で泰澄大師が神行修行中夢枕に現れた神々を彫刻し、弁財天は江島明神へ、玉依姫命と五頭龍大神の御木像を当社に納め、この時、龍口明神社と名付けられたという。

新興住宅地の中にあり新しい神社かと思いましたが、その歴史は古く、昭和56年に遷座したものだそうです。境内横に数台分の駐車場があります。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

玉依姫命、五頭龍大神

【鎮座地】

神奈川県鎌倉市腰越1548-4

大船観音寺 神奈川県鎌倉市

大船観音寺の御朱印

オリジナル御朱印帳

【大船観音寺概略】

全長約25mの巨大白衣観音像(大船観音)で知られる。大船観音は1929年(昭和4年)、地元有志の発起により、護国観音として築造が開始される。その後に年々築造を進めたが1934年(昭和9年)に戦局の拡大による財源不足で中断し、その後は20年以上放置された。戦後、財団法人大船観音協会が設立され、1960年(昭和35年)4月に完成した。大船の観光名所として知られるが、近年はアジアからの観光客に人気があるとのこと。

JR大船の駅から見えますが、歩くと10分ほどとそこそこ距離はあります。車で行きましたがお寺の駐車場らしきものは発見できなかったので裏手の民間駐車場に停めました。御朱印はオリジナル御朱印帳とともに境内にある売店のところでいただきました。こちらの御朱印帳はいわゆる御朱印ブームになる前からのものでしたので是非ともほしかったものです。

【名称】

仏海山大船観音寺 曹洞宗 本尊:聖観音

【所在地】

神奈川県鎌倉市岡本1丁目5番3号

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。