横浜市鶴見区の御朱印(總持寺・鶴見神社)




このページでは横浜市鶴見区の總持寺・鶴見神社の御朱印をご紹介しています。

横浜・中華街の観光スポット ~ 楽天たびノート

総持寺 横浜市鶴見区

総持寺の御朱印

オリジナル御朱印帳

【概略】

福井県永平寺とともに曹洞宗の大本山で,1321年(元亨1)瑩山紹瑾(けいざんじようきん)によって開創され,もと能登にあったが,明治末年に現在地に移された。1898年(明治31)4月13日夜,能登門前町にあった総持寺は法堂より出火し,伝灯院(開山廟所)経蔵その他小建築物10余棟を残して,全山灰燼(かいじん)に帰した。その後ただちに再建計画が進められたが,従来の所在地は交通不便で,一宗の本山としては末派僧侶や檀信徒の参拝にも不都合であり,1907年3月9日,独住4世石川素童の時,寺基移転の官許を得て,11年11月5日,横浜市鶴見に移転遷祖の式が行われた。

【参拝略記】

専用駐車場を利用。御朱印は納経所にていただきました。売店でオリジナル御朱印帳を購入しました。

【名称】

諸嶽山總持寺 曹洞宗大本山

【場所】

神奈川県横浜市鶴見区鶴見二丁目1番1号

スポンサードリンク

 鶴見神社 横浜市鶴見区

 鶴見神社の御朱印

【概略】

鶴見神社の創建は、推古天皇の時代(7世紀初め)と伝えられる。古くは杉山大明神(杉山神社)と称された。1920年(大正9年)に、社名を鶴見神社と改めた。

境内前のスペースに駐車しました。御朱印は授与所にていただきました。夕方でしたが快く対応して下さいました。

【祭神】

五十猛命 素戔嗚尊

【鎮座地】

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1丁目14−1

スポンサードリンク

横浜市鶴見区御朱印MAP

横浜・中華街の観光スポット ~ 楽天たびノート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。