平等院の御朱印 京都府宇治市

スポンサードリンク





平等院 京都府宇治市

平等院鳳凰堂の御朱印

阿弥陀如来の御朱印

オリジナル御朱印帳(鳳凰)

オリジナル御朱印帳(鳳凰堂)

【平等院概略】

国宝であり世界遺産にも登録されている。10円玉のデザインにもなっている。もとは左大臣・源融の別荘跡。後に宇多天皇を経て998年に藤原道長の別荘「宇治殿」となった。道長の子である関白・藤原頼通が1052年に「極楽浄土」を寺院として再現したのが鳳凰堂。源頼政の挙兵で戦場となったことがあったが建物は焼失せずに残った。

京阪宇治駅から徒歩で行きました。10分程で到着します。平日の午後に行きましたのでそれほど混雑はしていませんでした。拝観料(600円)には平等院ミュージアム鳳翔館の入館料も含まれており貴重な文化財を見ることができます。

御朱印は平等院ミュージアム鳳翔館の手前に御朱印所がありそちらで2種類の御朱印がいただけます。オリジナル御朱印帳もそちらで購入できます。

浄土院と不動堂でも御朱印をいただけるとのことでしたが、行ったときはあいにく御朱印所が開いておらずいただけませんでした。また行ったときにいただきたいと思います。

源三位源頼政子公の墓があります。

【名称】

朝日山平等院 単立 本尊:阿弥陀如来

【所在地】

京都府宇治市宇治蓮華116

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。
お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。