八坂神社・知恩院周辺の御朱印(八坂神社・知恩院・青蓮院・長楽寺)




このページでは京都市東山区の八坂神社・知恩院・青蓮院・長楽寺の御朱印をご紹介しています。八坂神社から北方向に並ぶ寺院です。

スポンサードリンク

八坂神社 京都市東山区

八坂神社の御朱印

八坂神社の御朱印

青龍の御朱印

八坂神社の御朱印

悪王子社 の御朱印

八坂神社の御朱印

冠者殿社の御朱印

八坂神社の御朱印

 八坂神社又旅社の御朱印

八坂神社の御朱印

オリジナル御朱印帳

八坂神社の御朱印帳

全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2,300社)の総本社。通称として祇園さんとも呼ばれる。総見は斉明天皇2年(656年)、高句麗から来日した調進副使・伊利之使主の創建とされる。祇園祭は、貞観11年(869年)に各地で疫病が流行した際に神泉苑で行われた御霊会を起源とするもの。


四条通の突き当りに位置していて観光客や修学旅行生で賑わっています。

【祭神】

素戔嗚尊、櫛稲田姫命、八柱御子神

【鎮座地】

京都市東山区祇園町北側625番地

スポンサードリンク

知恩院 京都市東山区

法然上人二十五霊場第二十五番の御朱印

知恩院の御朱印

御詠歌の御朱印

知恩院の御朱印

勢至堂の御朱印

知恩院の御朱印

オリジナル御朱印帳

知恩院の御朱印帳

【知恩院概略】

浄土宗総本山の寺院。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた。浄土宗徒であった徳川家康が寺地を寄進し2代将軍秀忠が伽藍を整備、その後火災でその大部分を焼失したが3代将軍家光がすぐに再建した。代々の門主は皇族から任命された。

とても大きなお寺で拝観料を払って内部まで回るとかなりの時間がかかります。大きくて立派なお寺ですが、参詣時は工事中であまり良く拝観できませんでした。御朱印は専用の納経所があります。

【名称】

華頂山 知恩教院 大谷寺 浄土宗総本山 本尊:法然上人像(本堂)、阿弥陀如来(阿弥陀堂)

法然上人二十五霊跡25番

【所在地】

法然上人二十五霊跡25番

青蓮院 京都市東山区

青蓮院の御朱印

青蓮院の御朱印

近畿三十六不動霊場第十九番の御朱印

青蓮院の御朱印

オリジナル御朱印帳

青蓮院の御朱印帳

【青蓮院概略】

三千院、妙法院と共に天台宗の三門跡寺院。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。「愚管抄」の著者である慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られる。室町時代には後に室町幕府第6代将軍足利義教となる義円が門主を務めた。

門跡寺院ならではの佇まいが素敵なお寺。知恩院や南禅寺に近いですが見落とされがちですが落ちついた雰囲気が良いです。春や秋の観光シーズンには特別公開などもされます。御朱印・御朱印帳は売店で受付てくれます。

【名称】

青蓮院(青蓮院門跡・粟田御所) 天台宗 本尊:熾盛光如来

近畿三十六不動尊19番

【所在地】

京都市東山区粟田口三条坊町69-1

スポンサードリンク

長楽寺 京都市東山区

長楽寺 洛陽三十三観音第七番 の御朱印

長楽寺の御朱印

【長楽寺概略】

延暦24年(805年)勅命により最澄が延暦寺の別院として創建したのに始まるとされ、その敷地は現在の円山公園・大谷祖廟を含む広大なものであったという。

1185年(文治元年)には高倉天皇の中宮で安徳天皇の生母である建礼門院(平徳子)が壇ノ浦の戦いの後、この寺で出家したと伝えられる。庭園は相阿弥が足利八代将軍義政の命により銀閣寺の庭を作る時、試作的に作ったと伝えられる。

円山公園の奥にあるお寺。建礼門院の出家したお寺だそうで(現在は)規模はあまり大きくはありませんがシンプルで美しいところです。御朱印は拝観受付でいただきました。御朱印帳もあったようですが購入しませんでした。再訪して購入しようと思います。

【名称】

黄台山長楽寺 時宗遊行派 本尊:准胝観音

洛陽三十三所観音霊場第7番

【所在地】

京都市東山区八坂鳥居前東入円山町626番地

京都祇園・東山エリア 御朱印MAP

京都旅行におすすめ!京都の人気観光スポット51選

御朱印でめぐる京都の古寺 改訂版 (地球の歩き方御朱印シリーズ)

御朱印でめぐる京都の古寺 改訂版 (地球の歩き方御朱印シリーズ)

1,620円(12/05 03:28時点)
発売日: 2016/10/29
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉が好きな歴史ヲタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。