祇園・東山エリアの御朱印 京都市東山区




京都 祇園・東山エリアの御朱印を一覧でご紹介します。京都観光の中心地でたくさんの有名寺社が立ち並びます。

目次

八坂神社 京都市東山区

全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2,300社)の総本社。通称として祇園さんとも呼ばれる。

四条通の突き当りに位置していて観光客や修学旅行生で賑わっています。

八坂神社の御朱印

image

青龍の御朱印

image

悪王子社 の御朱印

image

冠者殿社の御朱印

image

 八坂神社又旅社の御朱印

image

オリジナル御朱印帳

清水寺 京都市東山区

奈良時代の末778年延鎮上人が開山。798年に坂上田村麻呂が仏殿(本堂)を寄進建立し、御本尊十一面千手観音を安置した。現在の堂塔は徳川家光による再建。清水の舞台で知られる本堂は国宝に指定されている。

観光客が多すぎて休日は近づけないほどです。ゆっくり参拝したいときは年末の午前中がおすすめです。

清水寺 西国十六番の御朱印

fd1180f8.jpg

清水寺阿弥陀堂 法然上人二十五霊場第十三番の御朱印

69c0c3dd.jpg

清水寺善光寺堂 洛陽三十三観音第十番の御朱印

a2ddc7fc.jpg

清水寺奥の院 洛陽三十三観音第十一番の御朱印

15804f60.jpg

清水寺本堂 洛陽三十三観音第十二番の御朱印

b9eecfe3.jpg

清水寺朝倉堂 洛陽三十三観音第十三番の御朱印

8bdf0e80.jpg

清水寺泰産堂 洛陽三十三観音第十四番の御朱印

087ec066.jpg

地主神社 京都市東山区

清水寺の「清水の舞台」を出て直ぐ左手にある神社。江戸時代までは清水寺の鎮守社であった。大国主を主祭神とし、縁結びの神さまとして若い女性やカップルに人気のスポット。創建は不詳で神代の時代とされ京都で最も古い神社の一つ。

修学旅行生のごった返しています。気合を入れて人波をかき分けて御朱印をいただきました。

地主神社の御朱印

image

建仁寺 京都市東山区

建仁2年(1202年)、鎌倉幕府2代将軍・源頼家の援助を得て、京都における臨済宗の拠点として栄西により建立。建仁はその時の年号。五山3位の格式を持つ。俵屋宗達筆の風神雷神図は国宝。(原本は京都国立博物館に寄託)

御朱印帳は絵柄が美しく、紙質も良いのでおすすめ。

建仁寺 の御朱印

image

オリジナル御朱印 風神雷神

オリジナル御朱印帳 雲龍

仲源寺 京都市東山区

鎌倉時代の1228年(安貞2年)鴨川が大雨で洪水となり、防鴨河使となった中原氏がこの地蔵尊に止雨を祈ったところ雨がやんで洪水も治まったことから、朝廷から「仲源寺」の寺号を下賜されたという。 「雨やみ」の「あ」が取れて「めやみ地蔵」となったと言われる。

四条の大通りに面しています。

仲源寺 洛陽三十三観音第十六番の御朱印

image

目疾(めやみ)地蔵の御朱印(御本尊)

image

高台寺 京都市東山区

豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院であり、寺号は北政所の落飾(仏門に入る)後の院号である高台院にちなむ。秀吉と北政所を祀る霊廟としての性格をもった寺院。

かなり商売熱心な印象。こういうふうにしてくれた方が気兼ねなく参拝できて良い。

高台寺の御朱印

image

オリジナル御朱印帳

スポンサードリンク

圓徳院 京都市東山区

北政所が秀吉の没後、伏見城の化粧御殿とその前庭を高台寺山内に移築して移り住み、この地で終焉を迎える。その後、兄の子である木下利房により、木下家の菩提寺、高台寺の塔頭となる。北庭にあたる「旧円徳院庭園」は有名。

圓徳院の御朱印

image

霊山観音 京都市東山区

第二次世界大戦の戦没者および戦争の犠牲者を追悼するため、1955年、帝産グループ創設者、石川博資によって建立された。高さ24m、重さは約500t、鉄骨コンクリート造。

著名寺社に囲まれてかなり地味な印象ですが是非お参りください。

霊山観音の御朱印

image

青龍寺 京都市東山区

桓武天皇の勅命によって長岡京近郊に創建され、平安遷都により現在地に移された。本尊の聖観音は、昔から「伽羅観音」の通称で広く信仰を集めてきた。寺伝によると、唐の徳宗皇帝から献上された伽羅木を、桓武天皇が伝教大師(最澄)に命じて彫刻されたとされる。

ひっそりとあるので洛陽三十三観音で回っている人以外は立ち寄ることはないかと思います。

青龍寺 洛陽三十三観音第九番の御朱印

image

知恩院 京都市東山区

浄土宗総本山の寺院。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた。浄土宗徒であった徳川家康が寺地を寄進し2代将軍秀忠が伽藍を整備、その後火災でその大部分を焼失したが3代将軍家光がすぐに再建した。代々の門主は皇族から任命された。

法然上人二十五霊場第二十五番の御朱印

御詠歌の御朱印

勢至堂の御朱印

オリジナル御朱印帳

スポンサードリンク

青蓮院 京都市東山区

三千院、妙法院と共に天台宗の三門跡寺院。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。「愚管抄」の著者である慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られる。室町時代には後に室町幕府第6代将軍足利義教となる義円が門主を務めた。

青蓮院の御朱印

近畿三十六不動霊場第十九番の御朱印

オリジナル御朱印帳

スポンサードリンク

長楽寺 京都市東山区

1185年(文治元年)には高倉天皇の中宮で安徳天皇の生母である建礼門院(平徳子)が壇ノ浦の戦いの後、この寺で出家したと伝えられる。庭園は相阿弥が足利八代将軍義政の命により銀閣寺の庭を作る時、試作的に作ったと伝えられる。

長楽寺 洛陽三十三観音第七番 の御朱印

image
スポンサードリンク

六波羅蜜寺 京都市東山区

天暦5年(951年)醍醐天皇第二皇子光勝空也上人により開創された。西国三十三所の第17番札所として有名。教科書にも掲載されている空也上人像や平清盛像など平安・鎌倉期の木像彫刻を代表とする重要文化財が数多く安置されている。

六波羅蜜寺 西国十七番 の御朱印

926d284a.jpg

洛陽三十三観音第十五番の御朱印

5a14f849.jpg

 六道珍皇寺 京都市東山区

この寺の所在地付近は、平安京の火葬地であった鳥部野(鳥辺野)の入口にあたり、現世と他界の境にあたると考えられ、「六道の辻」と呼ばれた。小野篁が冥界に通ったと伝わる井戸で知られる。閻魔大王像も有名。

 六道珍皇寺の御朱印

16f1c9c3.jpg

西福寺 京都市東山区

弘法大師が自ら土でつくった六波羅地蔵を安置したことに始まる古刹。檀林皇后が皇子(のちの仁明天皇)の病気平癒を祈願したことから、子育て地蔵として信仰を集める。

西福寺の御朱印

441df63f.jpg

安井金比羅宮 京都市東山区

崇徳天皇の御神徳で良縁結びとともに悪縁切りでもご利益で名高い。悪縁は婚姻・恋愛だけでなく、人間関係全般に加えて、病気や不慮の事故、災難、悪運、悪習癖(過度の飲酒・喫煙・ギャンブル・悪癖など)、借金、犯罪なども包含しており、広く悪からの縁切りに霊験があるとして信仰を集めている。

安井金比羅宮の御朱印

image
スポンサードリンク

京都ゑびす神社 京都市東山区

西宮・大阪今宮神社と並んで日本三大ゑびすと称され、「えべっさん」の名で親しまれている。
約800年前土御門天皇の建仁2年(1202年)に禅の祖といわれる栄西禅師が建仁寺建立にあたり、その鎮守として最初に建てられたもの。

京都ゑびす神社の御朱印

image

京都祇園・東山エリア 御朱印MAP

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。