八坂神社の御朱印 京都市東山区

スポンサードリンク


八坂神社 京都市東山区

八坂神社の御朱印

image image

青龍の御朱印

image

オリジナル御朱印帳

【概略】

創祀については諸説あるが、斉明天皇2年(656)に高麗より来朝した使節の伊利之(いりし)が新羅国の牛頭山に座した素戔嗚尊を山城国愛宕郡八坂郷の地に奉斎したことに始まるという。全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2,300社)の総本社。通称として祇園さんとも呼ばれる。

前回は建仁寺駐車場(有料)から徒歩で、今回は清水寺から高台寺を経て徒歩で参拝しました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

素戔嗚尊 櫛稲田姫命 八柱御子神

【鎮座地】

京都市東山区祇園町北側625番地


悪王子社 京都市東山区

悪王子社 の御朱印

image

【概略】

八坂神社の第二摂社。京都市下京区に「悪王子町」と「元悪王子町」と名の付く町があり昔はこの町内に祀られていた。現代語の悪とは意味合いが少し違い昔は「悪=強力」と言う意味合いもあった。明治10年(1877年)に八坂神社で祀られる様になった。

御朱印は八坂神社授与所でいただきました。

【祭神】

素戔嗚尊の荒魂

【鎮座地】

京都市東山区祇園町北側625番地

冠者殿社 京都市下京区

冠者殿社の御朱印

image

【概略】

四条寺町の八坂神社御旅所西側に鎮座する八坂神社の境外摂社で、素戔嗚尊の荒魂をお祀りしている。 御祭神である素戔嗚尊が天照大神との誓約で偽りのない心を証明された由緒により、誓文払の神として京都の商工業者の信仰を集め、毎年10月20日には冠者殿社祭と誓文払いの福引が盛大に行われる。

御朱印は八坂神社の授与所にていただきました。

【祭神】

素戔嗚尊の荒魂

【鎮座地】

京都市下京区四条寺町東入貞安前之町

 八坂神社又旅社 京都市中京区

 八坂神社又旅社の御朱印

image

【概略】

八坂神社の境外末社。貞観11年(869)都に疫病が流行した時、平安京の広大な庭園であった神泉苑に66本の鉾を立て、祇園社(現八坂神社)の神輿を迎え、祇園御霊会が行われた。社名、町名はこのことに因むもの。御旅所に対して、又旅所といわれている。

御朱印は八坂神社の授与所にていただきました。

【祭神】

素戔嗚尊 櫛稲田姫命 八柱御子神

【鎮座地】

京都市中京区御供町(京都三条会商店街内)

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

御朱印は2012年から始めました。50代のおじさんですが、wordpressに挑戦したり、糖質制限ダイエットをしたりと、気持ちも容姿も10歳若く見られるために日々努力しています。ブログを移管した関係で、過去記事の修正作業中です。記事数が多いので時間はかかると思いますが綺麗なブログに変身させますのでお楽しみに。