北野天満宮・東向観音寺・大将軍八神社の御朱印 京都市上京区

スポンサードリンク





このページでは京都市上京区の北野天満宮、東向観音寺、大将軍八神社の御朱印をご紹介しています。

北野天満宮 京都市上京区

北野天満宮の御朱印

image

【北野天満宮概略】

延喜3年(903年)、菅原道真が無実の罪で配流された大宰府で没した後、都では落雷などの災害が相次いだ。これが道真の祟りだとする噂が広まり、御霊信仰と結びついて恐れられ、没後20年目、朝廷は道真の左遷を撤回して官位を復し、正二位を贈った。天暦元年6月9日(947年)、現在地の北野の地に朝廷によって道真を祀る社殿が造営された。永延元年(987年)に初めて勅祭が行われ、一条天皇から「北野天満宮天神」の称が贈られた。正暦4年(993年)には正一位・右大臣・太政大臣が追贈された。通称として天神さん・北野さんとも呼ばれる。学問の神として多くの受験生らの信仰を集めている。

市バスを利用しました。御朱印は社務所にていただきました。オリジナル御朱印帳はこの時はなかったです。

【祭神】

菅原道真公

【鎮座地】

京都市上京区御前通今出川上る馬喰町

スポンサードリンク

東向観音寺 京都市上京区

東向観音寺 洛陽三十一番の御朱印

42bfed85.jpg

【東向観音寺概略】

806年(延暦25年)大納言藤原小黒麿及び賢璟法師が桓武天皇の勅により創建し、当初は朝日寺といった。947年菅公(菅原道真)廟をこの地に移し、本尊十一面観音は菅公自作の尊像を961年筑紫観世音寺より招来したもの。西向及び東向の二堂あったが、西向堂は既に廃絶し、東向の堂が残るのみ。

北野天満宮のとなりにあり、徒歩で行きました。御朱印は納経所にていただきました。

とても親切に対応して下さり、洛陽三十三観音巡礼を始めることに。こちらで専用納経帳を購入しました。

【名称】

朝日山東向観音寺 真言宗泉涌寺派 準別格本山 本尊;十一面観世音菩薩
洛陽三十三観音第三十一番札所

【所在地】

京都市上京区今小路通御前通西入上る観音寺門前町863

スポンサードリンク

 大将軍八神社 京都市上京区

 大将軍八神社の御朱印

image

【大将軍八神社概略】

大将軍は陰陽道の方位神であり、とくに建築や転居、旅行などにおいて方角の吉凶を司る神であるため、長きにわたり民間の崇敬を集めた。平安京建設時、王城鎮護のため都の方除け乾(戌亥・北西)の天門守護として造営され、当初は大将軍堂と呼ばれたという。江戸期に入り大将軍社と改称、明治期に現名称へと変更された。

北野天満宮から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

素盞嗚命、御子神八柱

【鎮座地】

京都市上京区一条通御前通西入3丁目西町55

スポンサードリンク

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。