目黒不動尊(瀧泉寺) 東京都目黒区




目黒不動尊(瀧泉寺) 関東不動十八番 東京都目黒区 の御朱印

 

172adad7.jpg

 

瀧泉寺聖観音 江戸三十三観音第三十三番 の御朱印

 

f0789093.jpg

 

【目黒不動概略】

808年(大同3年)円仁が下野国から比叡山に赴く途中に不動明王を安置して創建。

江戸三大不動・江戸五色不動の一つ。江戸三十三箇所第33番札所。関東三十六不動第18番でもある。

「目黒」の地名はこの目黒不動に由来するとする説もある。

徳川家光以来、幕府の庇護を受け発展し、1812年(文化9年)には「江戸の三富」と呼ばれた「富くじ」が行われた。

 

【名称】

泰叡山瀧泉寺 目黒不動尊 天台宗 本尊:不動明王

江戸五色不動、江戸三十三箇所33番、関東三十六不動18番

元祖山手七福神(寿老人)

 

【所在地】

東京都目黒区下目黒3-20-26

 

目黒不動尊本堂

 

【参拝略記】

東急線不動駅から徒歩で行きました。2回目の参拝は五百羅漢寺の駐車場に停めて歩きました。

お不動さんを中心に街が構成されていてなかなかの風情です。

御朱印は納経所にていただきました。

 

目黒不動本堂

 

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。