早稲田の御朱印(穴八幡宮・放生寺)




このページでは東京都新宿区早稲田の穴八幡宮・放生寺の御朱印をご紹介しています。

新宿区の観光スポット ~ 楽天たびノート

穴八幡宮 東京都新宿区

穴八幡宮 の御朱印

オリジナル御朱印帳

【概略】

江戸城北の総鎮護。1062年(康平5年)源義家が奥州からの凱旋の途中、この地に兜と太刀を納め、八幡神を祀ったことに始まるという。1641年(寛永18年)宮守の庵を造るため、社僧良晶が南側の山裾を切り開いていると横穴が見つかり、中から金銅の御神像が現れたことから「穴八幡宮」と呼ばれることとなった。

こちらの「一陽来復」のお守りは、「金銭融通のご利益がある」として商売繁盛や金運アップに有名。向かいに早稲田大学があります。

【祭神】

応神天皇・仲哀天皇・神功皇后

【鎮座地】

東京都新宿区西早稲田2-1-11

放生寺 東京都新宿区

放生寺 江戸三十三観音第十五番の御朱印

【概略】

穴八幡宮の造営に尽力した良昌上人がその別当寺として開創。 光松山放生會寺の寺号を徳川秀忠から賜った。本尊の聖観世音菩薩は融通虫封観世音と称される。

穴八幡宮のとなりにあります。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

光松山威盛院放生寺 高野山真言宗 本尊:聖観世音菩薩

江戸三十三観音第十五番

【所在地】

新宿区西早稲田2-1-14

スポンサードリンク

早稲田・神楽坂御朱印MAP

新宿区の観光スポット ~ 楽天たびノート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。