若松観音 最上一番 山形県天童市




若松観音 最上一番 山形県天童市 の御朱印です。

dc855b8f.jpg

若松寺子育地蔵尊の御朱印です。

63e29aa4.jpg

【名称】 鈴立山 若松寺 天台宗  最上三十三観音第一番札所  山形百八地蔵尊第七十番

【場所】 山形県天童市大字山元2205-1

【概略】
  約1300年前、奈良時代の和銅元年(西暦708年)に行基菩薩が開山。その後、平安時代の貞観二年(同860年)山寺の立石寺を開山された慈覚大師(円仁和尚)が山頂付近にあった御堂を現在の地に移した。最上三十三観音札所の第一番に位置づけられており、現在も毎年多数の巡礼者が訪れている。
 山形の花笠音頭の冒頭で、♪めでた、めでたァ~の若松さまよ♪で有名。
 若松観音は古くから縁結びに力があるとされる。

 専用駐車場を利用しました。
 御朱印は納経所にていただきました。

d46b8c15.jpg

スポンサードリンク

スポンサードリンク