浅草の御朱印(浅草寺・浅草神社・今戸神社・鷲神社ほか)




このページでは東京都台東区の浅草寺・浅草神社・飛不動尊・浅草寿不動尊・今戸神社・鷲神社・吉原神社・清水寺・矢先稲荷神社・橋場不動尊、荒川区の石濱神社の御朱印をご紹介しています。

台東区の観光スポット ~ 楽天たびノート

目次

浅草寺 東京都台東区

浅草寺 坂東三十三観音第十三番の御朱印

 

江戸三十三観音第一番の御朱印

 

影向堂 の御朱印

 

【浅草寺概略】

628年に創建された都内最古の寺院。現世利益の「浅草観音」として多くの人から信仰され、国内外から年間約3000万人もの参拝者が訪れる。
江戸文化発展の中心地でもあり、現在も周辺にその面影を残し、季節ごとにほおずき市、羽子板市など多くの行事が行われている。雷門に架かる大提灯は全国的に有名。観音像が隅田川で漁師の網にかかる約100年前に、大雨で埼玉県飯能市岩淵の岩井堂観音が崩れて流失した。その時に行方知れずになった観音像が浅草観音であるという説がある。

あまりに定番なので特に書くことはありませんが、このところ外国人観光客が特にふえたような気がします。御朱印は納経所にていただきました。オリジナルではありませんが御朱印帳が売っていて紙質が良いので江戸三十三観音霊場の御朱印帳に使っています。

 

【名称】

金龍山 浅草寺  聖観音宗総本山  本尊 聖観音菩薩(秘仏)

坂東三十三箇所第13番  江戸三十三観音第一番

【所在地】

東京都台東区浅草2丁目3番1号

スポンサードリンク

浅草神社 東京都台東区

浅草神社の御朱印

 

被官稲荷神社の御朱印

 

オリジナル御朱印帳

【概略】

浅草寺の始まりである観音様を隅田川から拾い上げて祀った三人を主祭神とする。この三人の霊をもって「三社権現」と称されている。明治の神仏分離により浅草寺とは別法人になり、明治元年に三社明神社に改称、明治6年に現在の浅草神社に改称した。

銀座線浅草駅から徒歩で行きました。浅草寺の敷地内にあります。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

土師真中知命 檜前浜成命 檜前武成命

【鎮座地】

東京都台東区浅草2丁目3-1

スポンサードリンク

飛不動尊 東京都台東区

飛不動尊 関東三十六不動二十四番の御朱印

 

【概略】

享禄3年(1530年)正山律師の開基により修験寺院(祈願道場)として創建されたと伝えられる。
本尊は木像飛不動明王坐像で、この木像を持って当時の住職が大和国大峰山(奈良県)に修業に行った際、一夜にして当地に飛び帰って人々に御利益を授けたといわれ、その後この本尊は通称「飛不動」と呼ばれるようになり、同時に寺の通称ともなって人々の信仰を集めた。
その名称から航空安全の神として航空業に携わる関係者の参詣が多い。本尊は江戸七不動のひとつに数えられており、秋の菊祭りには人出が多い。

地下鉄下谷駅から徒歩10分ですが、浅草寺からでも歩けます。
御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

龍光山正宝院三高院 通称:飛不動尊 天台宗系単立 本尊:木像飛不動明王坐像
関東三十六不動第24番

【場所】

東京都台東区竜泉3丁目11−11

スポンサードリンク

浅草寿不動尊 東京都台東区

関東三十六不動第二十二番の御朱印

 

【概略】

慶長16年八丁堀に寺地を拝領して創建され、その後浅草へ移転した。良弁僧都作の不動尊像を覚意儀(壱岐国領主日高覚左衛門の子息)の代に安置することとなり、松浦藩の寄進を受けるようになった。

地下鉄銀座線田原町駅から浅草寺とは反対側に歩いて行くとあります。観光地の喧騒とは違って落ち着いた雰囲気のところにあります。ちょっと入りづらい雰囲気ですが快く応対していただけます。御朱印は一階の納経所にていただけます。

【名称】

阿遮山不動院円満寺 別称:浅草寿不動尊 真言宗智山派 本尊:金剛界大日如来

関東三十六不動第22番 御府内八十八ヶ所霊場72番

【場所】

台東区寿2-5-2

 今戸神社 東京都台東区

 今戸神社の御朱印

 

【概略】

康平6年(1063年)源頼義・義家親子が奥州討伐の折、京都の石清水八幡宮を当地に勧進し、祈願したのが始まりであるといわれている。また永保元年(1081年)にも清原武衡・家衡討伐の際に当地を通り、戦勝祈願をしたといわれている。幕末の志士・沖田総司の終焉の地ともいわれている。

wp-1479441210086.jpg

浅草寺から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。パワースポットとして有名なのようで女性の参拝者が多かったです。
オリジナル御朱印帳がありましたがいかにも女性受けを狙った風なので購入しませんでした。かなり商売熱心な神社です。

【祭神】

応神天皇、伊弉諾尊、伊弉冉尊、福禄寿

【鎮座地】

東京都台東区今戸1丁目5-22

スポンサードリンク

鷲神社 東京都台東区

鷲神社 の御朱印

 

【概略】

「おとりさま」として一般にも親しまれ崇敬を集めている。十一月の例祭は「酉の市(とりのいち)」として広く知られ多くの人が訪れる。

浅草寺から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。オリジナル御朱印帳がありましたが購入しませんでした。今度行ったときに買おうと思っています。(と思ってからかなり時間が経ってしまいました・・・。)

【祭神】

天日鷲命、日本武尊

【鎮座地】

東京都台東区千束三丁目18番7号

スポンサードリンク

吉原神社 東京都台東区

吉原神社の御朱印

 

【概略】

吉原遊郭とともに歩んできた神社。江戸時代には五つの稲荷社があったが明治時代に当社に統合され「吉原神社」となった。関東大震災や東京大空襲で焼失したが再建された。

浅草寺から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。鷲神社から歩いてすぐです。

【祭神】

倉稲魂命

【鎮座地】

東京都台東区千束3丁目20−2

清水寺  東京都台東区

清水寺 江戸三十三観音第2番の御朱印

 

【概略】

淳和天皇の御世、天長6年(829)、天下に流行した疫病を鎮める為、天台宗総本山 比叡山延暦寺の慈覚大師が天皇の下命により、東山の清水寺の観音さまにならい、自ら千手観音一体を刻み、江戸平河(現千代田区平河)に清水寺を開き千手観音を祀ったのが始まり。明暦3年(1657)の振袖火事の後、現在地に移り再興された。

浅草から合羽橋道具街に方面に歩いて10分弱です。玄関のブザーを押すと出てきて下さり中でお詣りさせていただき御朱印をいただきました。

【名称】

江北山 宝聚院 清水寺  天台宗 本尊:千手千眼観世音菩薩

江戸三十三観音霊場第2番

【所在地】

東京都台東区松が谷2-25-10

スポンサードリンク

矢先稲荷神社 東京都台東区

矢先稲荷神社の御朱印

 

七福神 福禄寿の御朱印

 

【概略】

三代将軍家光公が寛永19年(1642)に浅草に建立した三十三間堂の守護神として稲荷大明神を勧請し、その場所がちょうど的の先に当たっていたので「矢先稲荷」と名付けられた。拝殿の格天井には、神武天皇の御世からの「日本馬乗史」を描いた100枚の絵が奉納されている。

浅草から合羽橋へ向かう途中にあります。江戸三十三観音二番の清水寺の近くです。拝殿の中の馬の絵をゆっくり拝見させていただきました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

応神天皇、伊佐那岐命、伊佐那美命、福禄寿

【鎮座地】

東京都台東区松が谷2-14-1

橋場不動尊 東京都台東区

橋場不動尊の御朱印

 

【概略】

天平宝字4年(760年)寂昇上人による開創の古刹。本堂は弘化2年(1845年)の建立。明治時代の大火や関東大震災、昭和20年(1945年)の戦災などいずれの災禍も免れ、古い佇まいが歴史を感じさせる。

前の道路のパーキングメーターを利用しました。御朱印は納経所にていただきました。

【名称】

砂尾山橋場寺 不動院 橋場不動尊  天台宗

本尊:不動明王  関東三十六不動尊霊場第23番

【所在地】

東京都台東区橋場2-14-19

石濱神社 東京都荒川区

石濱神社の御朱印

image

【石濱神社概略】

聖武天皇の神亀元年(724)9月11日、勅願によって鎮座された。文治5年(1189)、源頼朝の奥州征討に際しての社殿の寄進、弘安4年(1281)、蒙古襲来の折、必勝を祈念しての、鎌倉将軍家お取り次ぎによる官幣のご奉納を受けるなど、中世初めには大社としての発展を見た。

浅草寺から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

天照大御神、豊受大御神

【鎮座地】

東京都荒川区南千住3-28-58

浅草エリア御朱印MAP

台東区の観光スポット ~ 楽天たびノート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。